• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

2013-04-04から1日間の記事一覧

と、私も前々から考えていた。――共感した文章に貼りたくなる「哲学のふせん」

思わず哲学的な本に貼りたくなる付箋「哲学のふせん」が、Twtterでの紹介をきっかけに、はてなブックマークでじわじわと話題を呼んでいます。本に書かれた文章の後に貼ると、その文章が“自分のもの”になるかも? 100枚つづりの2個入りで、価格は300円(税込…

「黒子のバスケ」脅迫被害を受けた東京ビッグサイト、5月以降は関連イベントを通常開催

東京ビッグサイトは、脅迫状が届くなどの被害を受けていたマンガ「黒子のバスケ」に関連するイベントについて、5月以降は条件付きで通常通りに対応・開催していくと発表しました。一連の脅迫を受け、同作の関連サークルは2012年12月の「コミックマーケット83…

新国立競技場デザイン最優秀賞のザハ・ハディドさんによるプレゼン、YouTubeで公開

新国立競技場の国際デザイン・コンクールで最優秀賞に選ばれた「ザハ・ハディド アーキテクト」の代表ザハ・ハディドさんによるプレゼンテーションが、YouTubeで公開されています。ザハ・ハディドさんはデザイン案に込めた意味をスケッチやアニメーションを…

東京都現代美術館“閉館”記事はエイプリルフールのジョーク 著者が説明

東京都現代美術館(東京都江東区)が閉館するとの文章が、4月1日発売の雑誌「月刊ギャラリー」4月号に掲載され、Twitterを中心に衝撃が走りました。これに対し、美術館側は「全くの事実無根」と閉館を否定。同誌は「著者がエイプリルフールのユーモアとして…

村上春樹さんの新作を“世界一早く読める”カウントダウンイベント、代官山で4/11夜開催

村上春樹さんの新作小説『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の発売を記念したカウントダウンイベントが、4月11日(木)午後11時から、代官山 蔦屋書店(東京都渋谷区)で開催されます。村上さんの作品について語り合う「深夜の読書会」を実施する…

スタパ齋藤さんが新・VIERAで遊び倒す! 後編:声を認識、スマホからネコ写真を送受信、タッチペンでお絵描きも!

(これまでのあらすじ)物欲番長ことスタパ齋藤さんと一緒に、新しいVIERAの特別研究所へと遊びにきた編集部。スタパさんのネコ様写真を堪能したり「マイホーム機能」を試したりしていたら、「さらにすごい機能を搭載した、もっと新しいVIERAがあるんですよ…