• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

今年書店員がいちばん売りたい本は?「2009年本屋大賞」来週決定



本屋大賞 - Yahoo!ブックス

書店員が自分で読んで「面白かった」「お客様にも薦めたい」「自分の店で売りたい」と思った本を選ぶ「本屋大賞」は、受賞作品が映画化・ドラマ化されることも多く、本を実際に読んでいなくてもそのタイトルを目にしたことがある方は多いのではないでしょうか。過去の授賞作は、『博士の愛した数式』(2004年)、『夜のピクニック』(2005年)、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(2006年)、『一瞬の風になれ』(2007年)、『ゴールデンスランバー』(2008年)。

東京・明治記念館で開催される「2009年本屋大賞」発表会では、大賞作品のほか、過去に出版された本の中で面白いと思う本を選ぶ「発掘部門」、ジャンルを問わず絶版・重版未定などで入手困難な文庫作品を投票する「復刊企画」で投票された作品も合わせて発表されます。

(2009年ノミネート作品)

悼む人

悼む人

告白

告白

出星前夜

出星前夜

ジョーカー・ゲーム

ジョーカー・ゲーム

新世界より (上)

新世界より (上)

テンペスト  上 若夏の巻

テンペスト 上 若夏の巻

のぼうの城

のぼうの城

ボックス!

ボックス!

モダンタイムス (Morning NOVELS)

モダンタイムス (Morning NOVELS)

流星の絆

流星の絆

文: 万井綾子

関連エントリー