• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

教育費も文房具も全部無料? 驚くべきスウェーデンの教育制度



「教育費をタダにせよ」:日経ビジネスオンライン

そのスウェーデンの教育制度、まず教育費は大学まで基本的に無料。しかも義務教育期間中は、ノートや鉛筆まで無料というのだから驚きです。また、学力の高さは、日本や韓国のような詰め込み教育の賜物かと思いきや、成績表は中学2年生まで特になく、むしろ生徒の「学び」への自主性を尊重した教育を行っているとのこと。一方で、こうした自主性尊重の教育が孕みがちな問題点である、「落ちこぼれ」児童の存在に対しても、充分なケアの仕組みが整えられているようです。そして、この教育制度の充実こそが、高福祉高負担で有名な「スウェーデンモデル」を可能にしている、高度な民主主義の源泉にあるのではないかという見解が述べられています。

「教育費をタダにせよ」というこの記事に対して、はてなブックマークでは賛同のコメントが集まっている一方、日本とスウェーデンの人口規模の違いを考慮していないこと、日本で実行した場合の財源についての議論に具体性が乏しいことなどについて、若干厳しい見方もされているようです。

文: 稲葉ほたて

関連エントリー