• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

「太陽を食べる」?民主党鳩山代表夫人の世にも不思議な発言が話題に


こちらはテレビ東京「美女放談」のゲストとして鳩山さんが招かれた際の一幕。結婚や家族の話題になり、「結婚にはお互いが認め合うことが大切」と語る鳩山さんが、鈴木さんの両親について尋ねます。「うちの場合は母が明るいので、その影響で、もの静かな父も明るくなったみたいです。」と鈴木さんが答えると、「それはすごくいいことね。それはうちにもあてはまるかもしれないんだけど、私は太陽が出ると、太陽を食べてるの。」と発言。「太陽を食べる」という意味が分からずきょとんとした表情で見つめる鈴木さんに対し、太陽をちぎって食べる仕草をしながら説明する鳩山さん。鈴木さんの「眩しくないんですか?」という素朴なツッコミには笑いが起きていました。

鳩山さんは宝塚歌劇団出身の元タカラジェンヌ。当時は「若みゆき」の芸名で舞台でも活躍していました。鳩山由紀夫代表との結婚後は政治活動に参加する一方で、料理に関する本を出版するなど、衣食住のコーディネートをする「ライフ・コンポーザー」として活動しています。また昨年9月までは、学習研究社が発行するオカルト雑誌「ムー」で連載記事「ミラクル対談」を担当、昨年8月にはその連載をまとめた単行本、「私が出あった世にも不思議な出来事」が発売されました。


私が出あった世にも不思議な出来事

私が出あった世にも不思議な出来事

鳩山幸のスピリチュアルフード

鳩山幸のスピリチュアルフード

文: 飯塚朋子

関連エントリー