あなたは大丈夫?今さら聞けない「名刺交換」のマナー

「名刺は絶対切らさない」ようにしよう

名刺交換の前にまず気を付けたいのが、「名刺を切らさない」ということです。ごくごく基本的なことですが、仕事の場面において、名刺交換は「初めての挨拶」そのもの。自分だけ名刺を渡さないのは非常に失礼なことです。万が一切らしてしまったら、その旨を丁寧にお詫びし、後日必ず渡すようにしましょう。


まずは基本の渡し方、受け取り方をマスターしよう

それでは、まず基本的な名刺交換のステップから見て行きましょう。

名刺交換の際の3ステップ

  • 名刺入れから名刺を取り出します。
    • 自分が先に取り出して準備できた場合でも、相手が名刺入れを出そうとしているところに自分の名刺を差し出したりせず、相手が準備できるまで待ちましょう。
  • 名刺入れの上に重ねるようにして、名刺を両手で持ちます。
    • 名刺交換は両手で渡し、両手で受け取るのが基本です。向きは相手に合わせ、書かれた文字に指がかからないようにします。
  • 脇を締めて、胸の高さで交換します。
    • 渡す側は「株式会社○○の□□と申します、よろしくお願い致します。」、受け取る側は「頂戴致します。」のように挨拶します。その際は会釈も忘れずに。

※交換する際に注意したいこと

  • 名刺交換は立って行います。また、テーブルを挟んで交換しないようにします。
  • 相手の名前が読めなかったら、「何とお読みすればよろしいでしょうか?」とその時に確認しましょう。確認せずに後で分からなくなる方が失礼になります。

名刺の扱いは両手で丁寧に、持つ位置も胸の高さでキープするのがポイントです。こちらのエントリーでは写真やイラスト付きで解説されていますので、あわせて参考にしてみて下さい。

名刺交換のビジネスマナー

ビジネスマナー、名刺交換はどうする? - [ビジネスマナー]All About


もらった名刺をしまうタイミングは?

さて、無事に受け取ったはいいものの、その後迷うのが「もらった名刺はどうすればいいの?」ということです。

  • 交換した名刺はすぐにしまわず、話が終わるまでは机の上に置いておきます。
    • その際は机の上に直に置かず、名刺入れの上に置くほうが丁寧です。ただし複数の人と交換した場合は名刺入れの上には置かず、相手の席順に合わせて並べておきましょう。
  • 最後に頃合いを見計らって、名刺入れにしまいましょう。
    • 大抵の場合、名刺をしまうのは話がそろそろ終わるという合図になります。周りの人に合わせるのがいいでしょう。

名刺交換の順番は?

  • 名刺を差し出すのは、目下の人から先に行います。
    • できるだけ自分から先に差し出すのが無難といえます。また相手がお客様の場合は、相手がどれだけ年下であっても自分が目下になります。
  • 複数で名刺を交換する場合、目上の人から先に交換します。
    • 例えば「部長・課長・自分」という3人の場合、部長から先に交換します。相手も複数の場合は、目上の人同士から先に交換します。

実際にはマニュアル通りにはいかない場合も…こんな時はどうする?

マナーをばっちり頭に入れていても、実際に名刺交換をすると「マニュアル通りにいかない!」ということが多々あります。よくあるのが以下のようなケースです。

  • 目上の人から先に名刺を差し出されてしまった!
    • 「目下の自分が先に出さないといけないのに…」と思うかもしれませんが、そんな場合は自分が差し出すのを相手に待ってもらうのではなく、すぐに受け取ってから自分の名刺を渡すようにしましょう。
  • 相手と同時に名刺を差し出してしまって、両手で受け渡しができない!
    • 同時に出してしまった場合は、お互いに自分の名刺を右手で差し出し、相手からは左手で受け取るようにすれば大丈夫です。受け取ったらすぐに右手を添えるようにしましょう。
  • 自分の名刺はタテ型だけど、相手の名刺はヨコ型だった!(もしくは逆の場合)
    • 自分と相手の名刺のデザインがタテ型とヨコ型で違う場合は、受け取る際に自分の名刺入れの向きを相手の名刺に合わせておくとスムーズです。

マニュアルにとらわれすぎてモタモタしてしまうのは逆にマイナスになってしまいます。こちらのエントリーでも、スマートな名刺交換のポイントを紹介しています。

スマートな名刺交換のために心がけること | キャリワカ:ビジネスベーシック | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉


今回は今さら聞けない「名刺交換」のマナーをご紹介しました。慣れるにはやはり回数をこなすのがいちばんですが、細かい作法を気にしすぎるよりも、相手に失礼にならないよう「礼儀をつくす」というのが大切です。どんな場面でもモタモタせず、スマートな名刺交換ができるように心がけたいですね。


Title Photo by kvanhorn

「名刺」に関連する商品 by BECOME