• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

年賀状のめんどうな手続きをネットで完了できる、「ウェブポ」を使ってみた



ウェブポ - 年賀状のぜんぶをオンラインで


ウェブポのトップページ。白やぎさんと黒やぎさんがいます。


まずは「年賀状作成スタート」をクリックします。


次に、年賀状のデザインテンプレートを選択。100種類以上のデザインを選択可能で、価格は1通128円(税込み)から。1通80円(税込み)のスポンサー付き、1通180円(税込み)のプレミアムテンプレートも用意されます。


デザインを選択した後、宛先入力などの申し込みフローに移ります。Microsoft Outolookなどのメールクライアントや「筆まめ」「筆王」といった年賀状作成ソフトからのアドレス取り込みの他、GmailやTwitterなどと連携して、住所を知らない相手にも年賀状を送れます。


Twitterとの連携開始画面。Twitter側で認証すると、フォローし合っているアカウントのデータが取り込まれます。


送付先ごとに、宛名面のフォントや差出人情報をカスタマイズできます。


フォントは「ゴシック体(新ゴ+ClearTone SG)」「丸ゴシック体(じゅん)」「明朝体(太ミンA101)」「楷書体(楷書MCBK1)」から選択可能。


メールアドレスの他、SkypeIDやTwitterID、MySpaceのIDなどを差出人情報に含めることができます。


その他、全部で12ステップで年賀状の申し込みは完了。とても丁寧にナビゲーションが用意されていて、迷わず手続きを行うことができました。


最近はメールで年賀の挨拶を済ませてしまうことが増えましたが、気持ちのこもった年賀状を受け取るとやっぱり嬉しいですね。ネットを使って手軽に申し込めるこのサービスを使って、今年は年賀状を早めに準備するのも良いかもしれませんね。2009年12月14日までに注文が完了した年賀状については、2009年12月25日までに投函されて元旦までに配達可能とのこと。海外からの注文・郵送にも対応しているそうです。

文: 山田聖裕

関連エントリー