読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

インフルエンザ・風邪予防に!お医者さんが教える「手洗い・うがい」のしかた



「手洗い・うがいは大切」と頭では分かっていても、ついつい適当にやっている人も多いのではないでしょうか?こちらの動画では、手洗いとうがいについて、それぞれ以下のような手順で紹介しています。

手洗いのしかた

 

  • 時計や指輪などを外し、袖口をまくります。
  • 手をぬらし、石けんを泡立てながら手のひらをよく洗います。
  • 次に手の甲を洗います。伸ばすようにして指の間もよくこすります。
  • 指先と爪の間を洗います。
  • もう一度手を合わせ、指の間を内側からも洗います。
  • 親指は、付け根からにぎってねじりながら洗います。
  • 最後に手首も忘れずに洗います。
  • 石けんをよく流して、終わりです。

うがいのしかた

 

  • 水かぬるま湯を口に含みます。
  • 上を向いて喉を洗うようにガラガラガラ…とうがいします。
  • 10くらい数えて吐き出します。
  • これをもう一度繰り返します。


特に手洗いについては、石けんを付ければ綺麗になったように思いがち。指先や爪の間、手首までしっかり洗うのが大切なようです。季節を問わず、日頃から実践していきたいですね。動画はこちらからどうぞ。


文: 飯塚朋子

関連エントリー