• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

宝くじや天気予報も 身近なデータで「統計学」を学ぶ一冊



『統計数字を読み解くセンス―当確はなぜすぐにわかるのか?』(化学同人刊)は、宝くじや偏差値、地球の温暖化、降水確率など、身近に接するデータについて、青木収集方法や結果の導き方などの統計学の考え方を丁寧に解説する本です。著者の青木さんは、はてなブックマークで統計学に関するサイトが多くのブックマークを集めるなど、統計学の専門家として名高い教授です。

「統計を勉強するなら青木さんのサイトをブクマに入れよう」「面白そう」とはてなブックマークのコメント欄でも評判になっているこの本は、統計学を学びたい、普段の生活で目にするデータを読み取りたい、そんな人には必須の1冊です。本の詳細は、以下のリンクからどうぞ。

統計数字を読み解くセンス―当確はなぜすぐにわかるのか?(DOJIN選書27)

統計数字を読み解くセンス―当確はなぜすぐにわかるのか?(DOJIN選書27)

文: 万井綾子

関連エントリー