• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

“究極のライフハック本”? ココロ社さんの新刊レビュー



超★ライフハック聖典 〜 迷えるアダルトのための最終☆自己啓発バイブル』は、7月に上梓された『クビにならない日本語』に次ぐココロ社さんの2冊目の単著です(カバーの装画は古屋兎丸さん)。著者紹介にも、「あまりにも自己啓発に熱心なあまり,一見すると反☆自己啓発に読めてしまう不思議な記事が好評」と書かれていますが、まさにそんなココロ社節全開の、巷に溢れるライフハックをネタにしながら、でも実はキッチリと社会で生きていく上で使える本物のライフハックを伝授してくれる一冊になっています。

ショッキングな自己啓発書を出すので唖然としてください - ココロ社 ♪ほのぼの四次元ブログ♪

さて、この本でまず驚きなのが、いきなり赤ん坊向けのライフハックの話から始まるところです。何でもココロ社さんによれば、われわれは実は子供の頃から無意識に処世術を駆使しているのだとか。そして、そんな事実を指摘した上で、さらに彼は続けます。

思い通りの成果を生むためには誰もが工夫しているものですが、それはさほど意識的には行われないので、あたかも処世術が不純であり、姑息な手段であるかのような言い方がされたりします。
しかし、無意識的には誰もが処世術を使っているものです。(本書13p - 14p)

ちなみに、この本では、他にも「あるライフハックを実行しないと選択した場合も、次のライフハックを選択しなければならなくなる」、「自覚的な打算と、無自覚で不器用な打算があるだけ」と、上の言葉と似たような含みの文章があります。結局のところ、人間は上手く生きていきたいという欲望から逃れることはできない。ならば、もっと上手に生きるべき――世にはびこる軽薄なライフハックをからかうネタ満載の本書ですが、その奥にある真面目な主張はそんなところではないかなと思いました。
さて、そんなこの本に書かれているライフハックですから、基本的には最近流行の自己啓発系ライフハックとはかなり毛色が違います。内容としては、「よく分からない思いつきを振ってくる上司に対処する方法」や「本当に使える友人の選び方」など、まるで昭和のサラリーマン処世術本にでも載っていそうな身も蓋もない話を、時代の装いを変えて書いたものを思い浮かべた方がいいかもしれません。話題が多岐にわたる本書ですが、特に組織である程度働いた経験のある人には、「あるある」と苦笑したくなる事例が満載です。
いずれにせよ、ココロ社さんのいつもの人を喰ったようなユーモラスな文体は健在、というか普段以上に紙面の上を暴れ回っているのでファンの方は手に取ってみて損はないと思います。

■ ココロ社さんについて

上にも書いたように、ココロ社さん(id:kokorosha)は、はてなブックマークでいつも人気のブロガーです。

ココロ社 ♪ほのぼの四次元ブログ♪

人気のブログを作るためにはどうすればよいか? ――そんな話題を扱った本やページに必ずと言っていいほど書かれているのが、ブログのテーマを一つに絞り込むことです。料理、アニメ、最新のITガジェット、実際に多くのブログがそんな風に分野を絞り込んで、読者に「ここに来たらこれがある!」と思わせることで固定客を獲得しているようです。ところが、ココロ社さんのブログは、特に「これ!」という分野が存在しません。
例えば、はてなブックマークで人気の、以下の4つの記事。

東京から45分で行ける日本屈指の清流地帯 - ココロ社
Wiiが欲しくて気が狂ってしまった男の映像- ココロ社 ♪ほのぼの四次元ブログ♪

ライフハックを書くためのライフハック - ココロ社 ♪ほのぼの四次元ブログ♪
いま激しくオススメのCD5枚 - ココロ社 ♪ほのぼの四次元ブログ♪

いわゆる「行ってみた」記事と言われれるタイプの綺麗な写真の旅行レポートもあれば、Wii発売直後のブームに乗じて作られたネタ動画もある。本書に書かれているような捻りの利いたライフハック記事もあれば、気合いの入ったクラブミュージックの紹介もあるという調子で、そんな本当にバラエティに富んだエントリーたちに共通する特徴と言えば、「面白い」ということくらいでしょう。そう、まさにそんな風にどんな記事が飛び出してくるか分からないけど、「とにかく面白い」というのが、ココロ社ダイアリーの一番の魅力です。
ちなみに、以前はてなブックマークで話題になった下のインタビュー記事では、人気ブログになるまでの地道な努力がココロ社さんによって語られています。アクセス数を伸ばしたいブロガーには参考になると思います。こちらも興味のある方は、ぜひご覧ください。
人気ブロガーになるためのたった2つの方法とは? ココロ社さんインタビュー(1/3):MarkeZine(マーケジン)
スゴブロ: ココロ社インタビュー


超★ライフハック聖典  〜 迷えるアダルトのための最終☆自己啓発バイブル

超★ライフハック聖典 〜 迷えるアダルトのための最終☆自己啓発バイブル

文: 稲葉ほたて

関連エントリー