• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

調理のコツや抗菌レシピも!そろそろ気になる梅雨時のお弁当対策


■梅雨時のお弁当作りで気を付けたいポイント

まずは、この時期のお弁当作りで注意したい点から見ていきましょう。おかずやごはんに傷みにくい工夫をするのはもちろん、調理器具や自分自身の手を清潔に保つことも大切です。


http://box.hapi-cafe.com/entry2.html
http://www.d1.dion.ne.jp/~tarbuu/8.html
梅雨は危険! 食中毒を避けるお弁当づくり [家族のお弁当レシピ] All About
これらのエントリーでは、梅雨時のお弁当作りのポイントを次のように紹介しています。生ものや汁気など、傷む原因になるものは少しでも取り除いておきましょう。保冷剤や市販の抗菌グッズを活用するのもオススメです。

  • 調理の前には丁寧に手洗いを。
  • 食材には充分火を通す。
  • おかずの水気や汁気はよく絞ってから詰める。
  • おかずやごはんはしっかり冷ましてから詰める。
  • 生の食材は避ける。
  • 茹で野菜の作り置きはしない。
  • 酢、ショウガ、梅干し、わさびなど、抗菌作用のある調味料や食材を使う。
  • 保冷剤を使う。

お弁当の衛生対策シート 12枚

お弁当の衛生対策シート 12枚

キャプテンスタッグ キャンプ用品 バーベキュー BBQ ピクニック用 保冷剤 クールタイム

キャプテンスタッグ キャンプ用品 バーベキュー BBQ ピクニック用 保冷剤 クールタイム

ふりふりおにぎりメーカー

ふりふりおにぎりメーカー

■梅雨時にはコレ!傷みにくい食材を活用したレシピ

食材の中には、それ自体が抗菌作用を持っているものもあります。これらの食材を上手く活用して、美味しく梅雨時のお弁当対策をしてみましょう。

<ごはんは「酢飯」にしてみよう>

梅雨時のお弁当で気をつけることをちょっと:酢飯のお勧め: godmotherの料理レシピ日記
こちらのエントリーで紹介しているのは、お弁当用のごはんを「酢飯」にしてみるという方法です。酢は言わずと知れた抗菌作用の高い調味料。「酢100cc:砂糖125g:塩25g」の黄金比率で作ったシャリ酢を米一合に対して43ccの割合で混ぜることで、寿司用の酢飯よりは少し薄めの味付けに。ほんのり酢の味が付いていると、暑い日でもさっぱり食べやすくなるそうです。

<ショウガに梅干し、抗菌作用のある食材を活用しよう>

梅雨時のお弁当は、梅&しょうがで抗菌<トレンド通信> - OZmall
抗菌レシピ★梅干し、ショウガ、大葉で梅雨にピッタリ抗菌効果 ボブとアンジー
そして梅雨の季節にこそオススメなのが、ショウガや梅干し、大葉などの抗菌作用が高い食材を使ったレシピです。いつものおかずも、これらの食材を合わせて使うことで傷みにくくなります。


お弁当派の人にとっては憂鬱になりがちなこの時期。市販のグッズや抗菌食材を使ったレシピも上手に取り入れながら、梅雨の季節にも負けない美味しいお弁当にしたいですね。


Title Photo by luckysundae

文: 飯塚朋子

関連エントリー