• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

無料の作品も!SSFF&ASIAの名作120本がiPhoneアプリで登場



ショートショートフィルムフェスティバル&アジア12周年記念 SHORT SHORTS App
ショートショートフィルムフェスティバル&アジア|国際短編映画祭
1999年よりスタートした「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」は、米国アカデミー賞も公認する、アジア最大級の国際短編映画祭。これまで、有名監督の初期短編映画や、若手映像作家が産み出した作品など、約1000本にも及ぶ作品が上映されています。
その中から、今回、iPhoneアプリとして登場する作品は全120本。第1弾となる12作品を5月18日に一斉リリースした後は、米Apple社の承認が得られ次第、随時発表していくとのことです。価格帯は0円~230円。特別に無料で販売されている作品をはじめ、15分未満の作品は115円、15分以上の作品は230円、アカデミー賞ノミネート・受賞作品は分数に関わらず230円で販売されています。
また、過去のものばかりでなく今年上映される作品も、映画祭終了後に公開予定のこと。主演・木下優樹菜さん×楽曲・大黒麻季さんの「ゆっきーな」を始め、話題作が登場するのでこちらもお楽しみに!
今年のショートショートフィルムフェスティバルは、6月10日(木)から6月20日(日)まで、表参道ヒルズスペース オーやラフォーレ ミュージアム原宿など、全4ヶ所で開催されます。「A Good Day(ある晴れた日)」(230円)、「The Rip Off(泥棒!)」(115円)のどちらかをAppStoreで購入、アイコンを受付で提示すると、当日入場料金が200円引きになるサービスもあるので、ぜひ映画祭にも足を運んでみてください。
文: タニグチナオミ

関連エントリー