• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

人気の自転車メーカーがズラリ!あなたのお気に入りはどれ?


■Bianchi<ビアンキ>


Bianchi
イタリア生まれのメーカー。創立から120年以上が経っており、現存する中では世界で最も古いメーカーだといわれています。クリームがかったブルーのボディが非常にかわいらしく、女性の愛好者が多数。クロスバイクやミニベロといった街乗り用のバイクが比較的廉価で販売されており、また取り扱い店舗も多いのが魅力。

■LOUISGARNEAU<ルイガノ>


http://www.akiworld.co.jp/lgs/
ファッショナブルなデザインが人気のルイガノ。ビアンキと同様、女性に人気が高いブランドです。アイウェアやアクセサリーといった自転車以外のアイテムも豊富です。

■Cannondale<キャノンデール>


Cannondale Bicycles
アメリカで創業されたメーカーで、現在も一部の廉価モデルを除き、アメリカのペンシルバニア州ベッドフォードの自社工場で研究開発から設計、組み立てまで一貫生産されています。その証拠に、フレームには「HANDMADE IN USA」の文字が。マウンテンバイクのイメージが強いメーカーですが、最近はミニベロの「フーリガン」も人気が高い一台となっています。

■FELT<フェルト>


FELT [2010年度]|ロードバイク|クロスバイク-ライトウェイ
バイクフレームメーカー EASTON社のチューブ開発者ジム・フェルトが立ち上げた、ドイツのブランド。彼は「フレームの魔術師」と呼ばており、「FELT」の品質の高さは自転車メーカーの中でも一目置かれています。

■COLNAGO<コルナゴ>


COLNAGO OFFICIAL SITE - コルナゴ公式サイト
エルネスト・コルナゴが創業したイタリアのメーカー。クラブのエースと、青、赤、黒、黄、緑のラインが入ったロゴで知られています。スポーツ用自転車メーカー、ロードバイク用のフレームビルダーとしては世界一と言われ、数々の世界大会で実績を残しているほど、レースに重きを置いているブランドです。

■GIANT<ジャイアント>


Giant Bicycle
そのコストパフォーマンスの良さ、品質の高さに定評がある、世界最大の自転車メーカー。廉価モデルのロードバイクやクロスバイクが揃っており、ビギナーでも手に入れやすいブランドとなっています。

■GIOS<ジオス>


JOB International GIOS・BASSO・RUPTION ハイクオリティ輸入自転車
鮮やかなブルーのフレームで知られているジオスは、イタリアのトリノを拠点とするメーカー。ロードバイクをはじめ、マウンテンバイク、クロスバイク、キッズバイク、ミニベロと、多岐にわたって数々のモデルをリリースしています。

■TREK<トレック>


Trek Bikes - The world's best bikes and cycling gear | Trek Bikes (JP)
アメリカに本社と工場があるトレック。ランス・アームストロング選手がトレックに乗ってツール・ド・フランスを7連覇したという輝かしい歴史があるブランドです。豊富なカラーバリエーションと、好みに合わせたコンポーネントの組合せで、世界に1台だけのバイクをオーダーできる「プロジェクトワン」というシステムを持っています。

■DE ROSA<デローザ>


DE ROSA | デローザ オフィシャルサイト
ハートを描いたロゴが愛らしいメーカーですが、自転車作りへのこだわりは相当なもの。ほとんどのメーカーががアジアでの生産委託に繰り出している中、メイドインイタリーのポリシーを貫いています。そのため高価なモデルが多く、購入を夢見る人が多いブランドです。

■KLEIN<クライン>


おすすめの通販グッズご紹介
マサチューセッツ工科大学で航空宇宙学を学んだゲイリー・クラインが、そのノウハウをバイクに注ぎ込んでいるのが特徴。溶接の美しさといった技術的な面はもちろん、独特なカラーリングでも人気が高いです。1995年にトレックに買収されており、それ以前のモデルは「オールドクライン」と呼ばれ、とても価値のあるものになっています。なお、2009年モデルをもって生産を中止。


今回紹介したのは、ほんの一部のメーカーです。お店を巡って実際に試乗し、好みの一台を見つけてください。その際は、ぜひ以下のエントリーも参考に。
選び方からメンテナンスの方法まで!初心者のための自転車講座 - はてなニュース


Title Photo by Gideon Tsang

文: タニグチナオミ

関連エントリー