• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

水木しげるは少女マンガも描いていた!意外な3本の作品を紹介



水木しげるの少女マンガ: 漫棚通信ブログ版
こちらのエントリーで紹介されているのは、『水木しげる貸本漫画のすべて』という本に掲載されている水木さんの少女マンガ。1950年後半から1960年前半に3本が発表されており、どれも目がくりっとした愛らしい少女を主人公にした、普段の水木さんの画風からは想像もできないタッチで描かれています。どうやらペンネームを使い分けていたようで、中村書店のマンガ雑誌『バレエ』に掲載された『雪のワルツ』、『かなしみの道』の2作は東眞一郎名義、兎月書房の『夕やけ人形』に収録された『二人』は水木洋子という名義で発表されたそうです。「水木洋子」名義で少女マンガを描いていたのは、ドラマにも盛り込まれているエピソードのため、すでにご存知の方も多いのではないでしょうか。
今となっては貴重な、水木さんの少女マンガ。ぜひとも一度読んでみたいものですね。

水木しげる貸本漫画のすべて

水木しげる貸本漫画のすべて

文: タニグチナオミ

関連エントリー