• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

魅力やスペックの比較、価格予想まで iPhone 4の反応をまとめてみた


■まずはAppleの公式サイトをチェック

iPhone - Apple(日本)
http://www.apple.com/jp/iphone/features.html
Appleの公式サイトには、早速「iPhone 4」の情報が。「すべてを変えていきます。もう一度。」「ほかのスマートフォンが、それほどスマートに思えなくなるかもしれません。」など、目を引くキャッチコピーがサイトを飾っています。Appleのスタッフによる、おなじみの紹介ムービーも見ることができ、「iPhone 4」の魅力をあますことなく紹介しています。(6月9日現在英語版のみ)

■新型iPhone、その魅力とは

では、新型iPhoneの魅力とは一体何なのでしょうか?参考にしたい3つのエントリーを紹介します。

<新OS「iOS 4」でどうかわる?>
CNETニュース - ●:ITpro
「iPhone 4」に搭載される新OS「iOS 4」。上記のエントリーによると、改良点は1500を超え、iPhoneだけでなくiPadとiPod touchにも使用するそうです。「iOS 4」の主なポイントは以下の通り。

  • マルチタスキング…複数のアプリを同時に実行できる
  • 電子メール:複数のメールアカウントからのメールを、統合された1つの受信ボックスで受信。メールのやり取りをスレッド形式で表示することもでき、一度に削除することも可能
  • アプリケーション用フォルダ…1つのアプリを別のアプリ上にドラッグすることで、フォルダを作成。名前の変更も可能

その他にも、これまでになかった機能が充実しており、まさに“新型”と冠するにふさわしい一台となっています。ちなみに「iOS 4」は、アップロードさえすれば「iPhone 3GS」、「iPhone 3G」にも対応しています。ただし利用できる機能はデバイスにより異なり、例えば一番の目玉とも言える「マルチタスキング」は「iPhone 3G」では使用することができません。


<iPhone 4の魅力を解説>
神尾寿のMobile+Views:iPhone 4が「再び、すべてを変える」 (1/2) - ITmedia Mobile
こちらは、実際に「iPhone 4」を触ったジャーナリスト、神尾寿さんによる「iPhone 4」の感想。この記事の中で神尾さんは「今回のiPhone 4は一分の隙もない」とし、デザインやUI、高解像度化、ディスプレイ、カメラ、バッテリー、電話機能など、はるかに向上した「iPhone 4」の魅力を語っています。


<写真たっぷり!WWDC 2010の現地リポート>
WWDC 2010現地リポート:来た、見た、触った!!――写真で解説する「iPhone 4」 (1/2) - ITmedia Mobile
「もっと実機の雰囲気を感じたい!」という方には、写真がたくさん載ったこちらのリポートを参考にしてみてはいかがでしょう。外観のフォルムや動かしている写真を交えつつ、実際に触った感想が事細かに記されています。

■3GS、Andoroidとの違いは?

「変わった」と言われる「iPhone 4」ですが、前回の「3GS」との違いはどうでしょうか?

<3GSとのスペックを比較>
iPhone 4 対 iPhone 3GS 詳細比較チャート - Engadget 日本版
上記の記事では、「iPhone 4」と「iPhone 3GS」の価格やサイズ、プロセッサ、カメラ、バッテリーの駆動時間など、基本スペックを徹底的に比較しています。やはり解像度の高さ、通話やデータ通信、連続音楽再生などの駆動時間などが、大きく変化しているのがわかります。ちなみに、「iPhone 4」は「iPhone 3GS」より2gほど重いそう。これまでに比べ、丸みがなくなったシルエットから「重そう」という印象を受けていましたが、どうやら大きく変わることはないようです。

<Android端末「HTC EVO 4G」との比較>
「iPhone」のライバルと言っても過言ではない「Android」。「ほかのスマートフォンが、それほどスマートに思えなくなるかもしれません。」とまで言い切っているAppleですが、実際のところはどうなのでしょうか。
http://wiredvision.jp/news/201006/2010060921.html
6月4日に米国で発売され、在庫切れの店舗も出てきているというAndroid端末「HTC EVO 4G」と比較したのがこちらの記事。米国では、iPhoneが使用できるのはAT&T社の3Gネットワークのみですが、この「HTC EVO 4G」は、Sprint社の4Gネットワークが利用できるそうです。大きさは「iPhone 4」の方が少しだけスリム。カメラの解像度は「HTC EVO 4G」の方が上で、センサーの種類や通話時間などは「iPhone 4」が上回っているようです。その他の結果については、ぜひ上記のURLにアクセスしてください。

■日本はやっぱり「SoftBank」

「iPhone 4」について | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
「iPhone 4」は、6月24日にアメリカはもちろん、日本を含めた5か国で同時発売されます。日本で取り扱うのは、「iPhone 3G」「iPhone 3GS」も販売したSoftBank。ただし公式サイトには、6月9日現在、発売日と6月15日(火)に予約を受け付ける旨しか発表されていません。
日本での販売価格が気になる方は、米国での販売価格を参考に新規分割、機種変更、一括ごとの料金を予想した下記のエントリーを参考にしてみては?
iPhone 4の価格は一体いくら? | iPhone 3G Wiki blog


筆者の周りでも話題になっている新型iPhone。既存のiPhoneユーザーとは「iPhone 4」の話で持ちきりですが、何より驚いたのが、これまでiPhoneを持ったことがない人の購入意欲の高さ。それほどに注目されているデバイスのようです。
「iPhone 4」の発売は、6月24日。先日発売された「iPad」のように、こちらも大きな反響を呼ぶのは間違いなさそうです。

文: タニグチナオミ

関連エントリー