• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

太陽の光で宇宙を旅できる?世界初のソーラーセイル「イカロス」とは


■世界初のソーラーセイル「イカロス」って?

はてなブックマークでも最近よく目にする「イカロス」という名前。まずは「イカロスって何?」という疑問からお答えしたいと思います。

 
~翼を広げて~ IKAROS(イカロス)専門チャンネル
http://www.jspec.jaxa.jp/ikaros_cam/j/index.html
JAXA|イカロス ミッション概要
http://www.jspec.jaxa.jp/activity/ikaros.html
「イカロス」は、先月5月21日に鹿児島県・種子島宇宙センターから日本初の金星探査機「あかつき」とともに打ち上げられた、世界初の小型ソーラー電力セイル実証機です。ソーラーセイルとは、超薄膜の帆を広げ、そこに太陽光圧を受けることで進む宇宙船のこと。ソーラー電力セイルでは太陽光圧を受けると同時に、帆に貼り付けられた薄膜の太陽電池で大電力発電を行い、その電力で高性能イオンエンジンを駆動します。

ソーラーセイルの最大のメリットは、“燃料がなくても飛べる”という点です。このアイデア自体は100年程前からあったものの技術的に難しく、近年になってようやく実用化の見通しが立ってきました。イカロスは「帆のみでの宇宙空間の航行」と「薄膜の太陽電池による発電」の世界初の実証を目指し、金星に向かって進んでいます。


小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」 - YouTube

■金星を目指して順調に運用中!

先月21日に打ち上げられたイカロスは、今月10日には無事帆の展開にも成功、15日には分離カメラでの本体撮影にも成功しています。

<帆の展開に成功!>
 
JAXA|小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS(イカロス)」のセイル展開の成功について
http://wiredvision.jp/news/201006/2010061023.html
http://www.asahi.com/science/update/0611/TKY201006110120.html
イカロスの帆の展開は今月3日から開始され、10日には地球からの距離約770万kmにて、セイルの展張と薄膜太陽電池による発電が確認されました。イカロスの帆は一辺が14メートルもありますが、厚さはたったの7.5マイクロメートル。家庭用のラップフィルムやコピー用紙の厚さがおよそ100マイクロメートルなので、比べてみるとその薄さは歴然です。イカロス本体がぐるぐる回転し、その遠心力を使って帆を展開する仕組みになっています。

帆が展開する仕組みについては、下記のエントリーから動画や図でさらに詳しく説明されています。
http://www.jspec.jaxa.jp/ikaros_cam/j/03.html

<分離カメラで“帆を広げた姿”の撮影に成功!>
 
JAXA|小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS(イカロス)」の分離カメラの撮影成功について
http://www.asahi.com/science/update/0616/TKY201006160210.html
そして15日には、イカロス本体から切り離された分離カメラによって、展開後の本体の撮影にも成功しました。帆を広げたイカロスは、太陽の光を受けて輝いています。


~翼を広げて~ IKAROS(イカロス)専門チャンネル
ねとらぼ:「ゆっくり寝てね……」 イカロス君、分離カメラ「DCAM2君」とお別れ - ITmedia NEWS
JAXAが運営する「イカロス専門チャンネル」では、この時のイカロスと分離カメラ「DCAM2」とのやりとりを描いたアニメーションも公開されています。イカロス君とDCAM2君のやりとりには、はてなブックマークのコメント欄でも「かわいい」「泣ける」といった声が続出していました。

■はやぶさ君はイカロス君のお兄ちゃん?

今月13日、7年にもわたる長旅を終えて地球に帰還した「はやぶさ」。実はこのはやぶさとイカロスは、お互いにこんなやりとりをしていました。

 
イカロス君 (@ikaroskun) | Twitter
はやぶさ帰還ブログ (@Hayabusa_JAXA) | Twitter
ねとらぼ:イカロス君「はやぶさ兄さんに僕の広がった姿を見せられてよかった!」 - ITmedia NEWS
Togetter - まとめ「オカエリナサイ「はやぶさ」、「イカロス」「あかつき」「みちびき」もキャッキャウフフしながら頑張れ!」
イカロスにとって、先輩のはやぶさはまさに“お兄ちゃん”のような存在。互いのTwitterアカウントでも、度々励まし合ってきました。イカロスが帆の展開に成功した時には、お兄ちゃんのはやぶさに「見てくれた?!」と尋ねる場面も。はやぶさも「ついにやったな!これでおまえは正真正銘の『ソーラーセイル』IKAROSだ!」と弟の頑張りをほめたたえています。イカロスも、自分が無事広がった姿をはやぶさに見せられてほっとしたようです。


今後は半年かけて「金星」を目指していくイカロス。ミッションが無事成功すれば、世界初の快挙になります。はやぶさ君に続き、今度は弟分のイカロス君も応援していきたいですね。

文: 飯塚朋子

関連エントリー