• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

虹色、巨大トンネル、Twitterクジラ…まるで芸術?“珍しい雲”の写真


■虹色に輝く「彩雲」

「雲の色は何色?」と聞かれたら、ほとんどの人が“白”と答えるはず。しかし先日はてなブックマークでは、こんな珍しい色の雲が話題になりました。


雲が虹色でした。 on Twitpic
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100718-OYT1T00541.htm
http://www.asahi.com/national/update/0718/TKY201007180303.html
夏だけの珍しい現象…七色に光り輝く雲|日テレNEWS24

この七色に色づいた雲の写真は、ライトノベル作家の渡瀬草一郎さんが自身のTwitterにアップしたもの。その美しさは瞬く間に他のユーザーの間で評判になり、その後テレビや新聞でも取り上げられました。実はこの雲は「彩雲」と呼ばれるもので、晴天時に薄い雲がかかった際に見られる現象。雲を構成する氷や水の粒に太陽光が当たり、光の方向が変わることで雲が七色に見えます。

 
ドメインパーキング
彩雲:たまの週末:So-netブログ

上記のエントリーでも、様々な形の「彩雲」を見ることができます。“幸運を呼ぶ”とも言われているこの雲、晴天の日にはぜひ探してみてはいかがでしょうか?

■世界の珍しい雲

続いてご紹介するのは、世界中で撮影された珍しい雲や美しい雲の数々。まるで映画の一場面を見ている気分になりますね。

<超巨大な雲のトンネル“モーニング・グローリー”>
 
巨大な雲がトンネル状にどこまでも続く珍しい気象現象「モーニング・グローリー」:カラパイア
http://wiredvision.jp/gallery/200910/20091007082805.html

モーニング・グローリーは、朝方に巨大なロール状の雲が現れる現象。大きなものでは長さが1000km、最大時速60kmの速さで動く場合もあり、生成には海風前線などが影響していると考えられています。オーストラリア・クイーンズランドの「バークタウン」という小さな町で秋になると見られる現象として有名ですが、日本でも北海道のオホーツク海上空で観測されたことがあるそうです。

<もはや芸術の域?雲の造形いろいろ>
  
上空から見おろす天女の羽衣、世界の美しい15の雲のじゅうたん:カラパイア
珍しい雲の写真を集めた『10 Very Rare Clouds』 | CREAMU
▽ 雲の図鑑 雲の造形 不思議の国のアキノコ

またこれらのエントリーでも、「雲ってこんな形になるの!?」と驚かずにはいられない写真がいっぱいです。地上から見上げる以外に、雲を上から見下ろすアングルで撮られた写真も面白いですね。

■あの“クジラ”がこんなところに?

そして最後は、どこかで見覚えのあるこんな形の雲の写真です。


Twitterの調子悪いと思ったらクジラが出てやがる。 ... on Twitpic

青空を1頭で泳ぐクジラのような雲をとらえたこの写真。とあるユーザーがTwitterにアップしたもので、ちょうどTwitterが不調なタイミングで撮影されたそう。最近ではパロディ画像なども次々登場し何かと話題の“Twitterクジラ”ですが、今度はなんと空の上にまで登場してしまったようです。


梅雨が明けて晴天が続くこの季節は、青空に浮かぶ雲はもちろん、夕焼けの色に染まった雲もまたキレイですよね。暑さばかりに気を取られがちですが、今しか見られない空の風景もぜひ楽しんでみて下さい。

文: 飯塚朋子

関連エントリー