• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

肩こりや腰痛の原因にも?オフィスで気を付けたい「冷房対策」


■冷えすぎは肩こりの原因にも?

たとえ寒いと感じても、勝手に温度を調節できないことも多いオフィスのエアコン。しかしオフィスでの“冷えすぎ”は単に寒いと感じるだけでなく、さらなる体調不良を招いてしまう場合があります。

<冷えの感じ方には男女差がある?>

オフィス内、女性は「冷房、ちょい寒い」!? 不調を感じる・対策6割 - ガベージニュース

一般的に女性に多いというイメージがある“冷え性”。2009年に行われたこちらのアンケート結果でも、オフィスの冷房の温度については男性よりも女性のほうが「寒い」と感じている人が多かったとのこと。年齢別に見てみると中堅層の男性が最も「暑い」と感じ、一方で若年層の女性が最も「寒い」と感じているという結果になっています。同じ温度でも男女で感じ方が違うので、オフィスの温度管理には注意したいですね。

<肩こりや腰痛の人は特に注意!>

弱冷房でもカラダひんやり…夏の冷房対策! [肩こり] All About

また、冷房の風が長時間体に当たり続けると筋肉の血流が低下してしまうため、肩こりや腰痛を悪化させることに。特にデスクワークで長時間座り続けている人は、元々腰に負担がかかっているので要注意です。羽織るものを1枚持っておくなど、冷え対策をしておきましょう。

■オススメの冷房対策&便利グッズは?

続いては具体的な冷房対策を見ていきましょう。冷風をよける対策以外に、普段から“冷えにくい体質”を作ることも大切ですね。

<温度設定は25〜28度に!>

夏のだるさや頭痛は冷房病かも-6つのコツで自律神経を整えよう - gooヘルスケア

エアコンで体を冷やしすぎた場合、外との気温差によって自律神経の乱れが起こり、先ほど挙げた肩こりや腰痛以外にも、むくみや頭痛など様々な症状を引き起こす可能性があります。まずは設定温度を「25〜28度」にしましょう。それでも寒い場合は、次のような工夫をすると効果的です。

  • カーディガンやスカーフなどで冷風をよける。
  • 体を動かして血行を良くする。
  • 入浴して体を温める。
  • 温かく栄養バランスのいい食事を心がける。
  • 就寝中はエアコンは切るか、タイマーを設定する。
  • 自律神経を整えるために“腹式呼吸”をする。

<女性に嬉しい冷房対策グッズ>

冷房対策グッズ2010! | 冷え性対策|おきがる!ぐ〜たらオンナの冷え性対策!

こちらのエントリーでは、夏涼しくて冬あたたかい「シルクの靴下」や通気性の良い夏用の「レッグウォーマー」など、オフィスでの冷房対策に使えるグッズを紹介しています。アームカバーやストールなどは、外出時には日よけにもなるので便利ですね。


今回はオフィスでの冷房対策についてご紹介しました。屋外の暑さを少しでもしのごうと薄着になってしまいますが、“冷え”に油断しがちな夏の時期こそ、注意が必要ですね。


Title Photo by Perfecto Insecto

文: 飯塚朋子

関連エントリー