• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

「数学ガール」第2作、マンガ化決定!コミックフラッパー10月号より連載開始



[結] 2010年8月 - 結城浩の日記
コミック版『数学ガール フェルマーの最終定理』

主人公「僕」とクラスメイトの「ミルカ」、後輩の「テトラ」、従妹の「ユーリ」の4人を中心に、さまざまな数学の問題を解きながら進んでいく「数学ガール」シリーズ。数学好きはもちろんのこと、文系でも楽しめる作品として、これまでに3冊の単行本が発刊されています。

今回マンガ化されるのは、シリーズ第2作目の『数学ガール・フェルマーの最終定理』。「あねとむち」などの作品で知られる春日旬さんが作画を担当し、「数学ガールII フェルマーの最終定理」として連載がスタートします。

これに対し原作者の結城浩さんは、自身の公式サイトで言及。以下のような喜びのコメントを記しています。

ミルカさんとテトラちゃん――そして今回は中学生のユーリも登場です。コミックを通して、新たな読者さんが数学の魅力に触れるきっかけになるといいですね。
舞台・登場人物・基本的ストーリーは原作に添い、新しいエピソードも交えつつ、香り豊かな青春物語がふくらんでいきます。
どうぞみなさん、応援してくださいねっ!

「数学ガールII フェルマーの最終定理」は、9月5日発売の「コミックフラッパー」10月号(メディアファクトリー)で連載開始です。

数学ガール (数学ガールシリーズ 1)

数学ガール (数学ガールシリーズ 1)

数学ガール 上 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

数学ガール 上 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

文: タニグチナオミ

関連エントリー