読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説、コミックがDRMフリーで――Webサイト「最前線」がプレオープン

暮らし ヘッドライン



最前線 - フィクション・コミック・Webエンターテイメント

「星海社のウェブサイト、『最前線』は三つの100%をあなたに届けます。」――そんなキャッチコピーとともに、プレオープンした「最前線」。この3つの100%とは、「無料」「DRM(Digital Rights Management=デジタル著作権管理)フリー」「HTML5でサイトを構築」のことで、これまでにない“Web媒体”となっています。

プレオープン時に公開された作品は、全部で5つ。奈須きのこさんの小説を天空すふぃあさんがコミカライズした「空の境界 the Garden of sinners」をはじめ、3つのマンガと、2つの小説が公開されています。詳しい作品内容は以下の通り。

<小説>
『金の瞳と鉄の剣』 虚淵玄 イラスト:高河ゆん
『星海大戦』 元長柾木 イラスト:moz

<マンガ>
『空の境界 the Garden of sinners』 天空すふぃあ 原作:奈須きのこ キャラクターデザイン原案:武内崇
『名探偵 夢水清志郎事件ノート 亡霊は夜歩く』 箸井地図 原作:はやみねかおる
『非実在推理少女 あ~や』 シオミヤイルカ 原作:錦メガネ

また「最前線スペシャル」というコンテンツでは、坂本真綾さんがUstreamを介して名作を朗読する「坂本真綾の満月朗読館」も用意。第1回となる9月23日(木)には、宮沢賢治さんの『銀河鉄道の夜』第9章「ジョバンニの切符」を配信します。

この先進的な媒体を率いるのは、講談社史上最年少の編集長として文芸誌『ファウスト』を一人で立ち上げた太田克史さん。太田さんは、「最前線」の編集長のほか、星海社の副社長にも就任しています。

前例のないスタイルで、華々しいスタートを切った最前線。グランドオープンは11月の予定です。


2010年9月16日15時38分、星海社の申し入れにより、タイトルを変更いたしました。

文: タニグチナオミ

関連エントリー