• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

新デザインのTwitterを使ってみた――写真や動画、関連情報をその場で閲覧



2010年9月、Twitterの公式ブログでリニューアルが発表されました。

ブログ

リニューアルのハイライトとして、「新しいデザイン」「メディア」「関連コンテンツ」「ミニプロフィール」の4点が挙げられています。はてなブックマークニュースのTwitterアカウント(@hatenabnews)がプレビューの対象になっていたので、さっそく試してみました。

20100929170342

アカウントがプレビューの対象になると、ログイン後の画面に「新しいTwitterが公開されました!」と言うメッセージと共に、「今すぐ試そう!」ボタンが表示されます。ここからは、リニューアルのハイライトを中心に、新Twitterの機能を見ていきましょう。

■ 新デザイン: タイムラインと「詳細エリア」の2列表示に

新しいTwitterのページでは、タイムラインを表示するエリアが左側に、個別のツイートやプロフィールを表示する「詳細エリア」が右側に表示されるようになりました。このデザインが、今回のリニューアルでの利便性向上に寄与しています。

20101013123602

■ メディア: 写真や動画をその場で見られる

YouTubeのURLが入ったツイートをクリックすると、右側の詳細エリアでYouTubeの動画を見ることができます。YouTubeの他にも、Flickr、TwitPic、Ustream、Vimeoといったサービスのコンテンツを、ページを移動することなく、Twitter上でスムーズに見られるようになりました。

20100929182307

■ 関連コンテンツ: 関連するつぶやきやユーザーもその場で見られる

外部サービスのコンテンツの他に、ツイートへの返信や当該ツイートをリツイートしているユーザー、ツイートに含まれるユーザーのプロフィール、同じハッシュタグのついているツイートといった、関連するコンテンツも詳細エリアに表示されます。

20100929183221

■ ミニプロフィール: ユーザーのプロフィールもその場で表示

ツイートしているユーザーや、ツイートの中に@に続いて書かれているTwitter IDをクリックすると、プロフィールが右側の詳細エリアに表示されます。タイムラインから離れることなく、プロフィールを参照できるようになり、ユーザビリティーが向上したと言えそうです。

20101013124716


ハイライトとして挙げられている4つの機能以外にも、新しいデザインでは「もっと読む」ボタンがなくなり、スクロールするだけで古いツイートを読めるようになるなど、よりユーザーが快適にTwitterを利用できるよう工夫が凝らされています。

その場でさまざまな情報を閲覧できるようになり、便利になったように見える新Twitter。一方では、新しくできた右エリアへの広告掲載を懸念する声や、新しいユーザーインターフェイスは微妙では?という声も。

http://wiredvision.jp/news/201009/2010091618.html
Twitterの新しいUIをもとに戻す方法 | IDEA*IDEA

リニューアルについては賛否両論あるようですが、新しいTwitterを早く試してみたいという人も多いのではないでしょうか。Twitterによると、「数週間にわたって少しずつプレビューの対象ユーザー範囲を拡大してまいります。」とのこと。「今すぐ試そう!」ボタンが現れたら、ぜひ新しいTwitterを試してみてください。

文: イノアキ

関連エントリー