• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

ソニー製品発売で注目を集めるGoogle TVでできること


■ 盛り上がるGoogle TV

2010年10月、アメリカで「Sony Internet TV」「Sony Internet TV Blu-ray Disc Player」「Logitech Revue」の発売が始まりました。話題の「Google TV」です。日本では、特に、ソニーが世界初のGoogle TVを発売したことや、その価格に注目が集まっているようです。

ソニーが驚くほど安価な世界初の「Google TV」を正式発表、詳細なスペックも明らかに - GIGAZINE
http://blog.esuteru.com/archives/1271988.html
ソニー、「Google TV」搭載のネットテレビを発表 600ドルから - ITmedia NEWS

Google TVが発表されたのは、2010年5月、Googleの開発者向けイベント「Google I/O」でのことでした。発表当時の様子を多くの写真とともに紹介する記事があります。

Google TV 発表、秋にソニーとLogitechから発売 - Engadget 日本版

Google I/Oでの発表から数ヶ月、満を持してアメリカで製品が発売され、今「Google TV」が注目を集めているのです。

■ Google TVとは?

「Google TV」の名前はよく見聞きするものの、その正体はあまり知られていません。ひとことで言うと、Google TVとは、テレビと共にインターネットを快適に利用できるようにする環境です。正確には、ハイビジョンテレビやセットトップボックスのためのAndroid OSをベースにしたソフトウェアおよびハードウェアプラットフォームのことで、Google、ソニー、Intel、Logitechによって共同開発されました。
Google TV - Wikipedia

といっても、まだイメージがわきにくいので、2010年10月18日現在、アメリカで手に入るモデルを見てみましょう。
Android TV
20101018115722

ソニーからは、テレビ番組やインターネットのコンテンツなどを1台で楽しめる「Sony Internet TV」と、Blu-ray Discプレーヤー「Sony Internet TV Blu-ray Disc Player」が、Logitechからはセットトップボックス「Logitech Revue」が発売されています。いずれもプラットフォームとしてGoogle TVを採用しています。Googleが直接テレビのハードウェアを製造したというわけではないのです。

Consumer Electronics | Sony US
Consumer Electronics | Sony US
Logitech Support + Downloads(Logitech Revue)

■ Google TVで何ができる?

Google TVのウェブサイトによると、「Google TVによって、テレビ、アプリ、検索、そしてウェブが最終的には統合され、テレビはよりスマートになる」とのこと。

Google

「Quick Tour」では、「Search」「Web」「Apps」「Remote」「Personal」「Dual View」といった特徴が挙げられており、テレビでウェブを利用したり、テレビを見ながらインターネットを利用したりするための機能が充実しています。また、「Apps」とあるように、Google TVではAndroidアプリが利用でき、来年には開発者がGoogle TV向けのAndroidアプリを開発して、Android Marketで販売できるようになるようです。

次の記事では、ソニーのウェブサイトにある「Apple TV」などの競合製品との比較表を紹介しています。切り口に偏りがあるものの、競合製品と比べ、ウェブにフォーカスした機能が多数搭載されている点でGoogle TVは一線を画しています。

Apple TVなんて目じゃない、ソニーが「Google TV」採用した理由 【増田@maskin真樹】 | TechWave テックウェーブ

■ おわりに

Google I/OでGoogle TVが発表されてから数ヶ月、ソニーやLogitechからのデバイス発売を機に再び注目を集めるGoogle TVを紹介してきました。ただ、様々な事情から、日本での発売は期待できなさそうだとするエントリーも。

http://www.heartlogic.jp/archives/2010/10/google_tvsony_internet_tv.html

現時点では、日本での展開はまだ明らかになっていません。今後の展開を楽しみに見守っていきたいところです。

文: イノアキ

関連エントリー