まずは正しい洗顔から カサカサお肌から脱出するための「乾燥肌」対策

■まずは正しい「洗顔」を

秋から冬にかけては、乾いた外気と室内の暖房による乾燥のダブルパンチで肌がカサカサになりがち。まずは普段の洗顔方法から見直してみましょう。

お肌の乾燥が改善されない5つの理由とは?:オーガニックコスメの通販〜完全無添加化粧品販売のピュアノーブル お肌の乾燥が改善されない5つの理由とは?:オーガニックコスメの通販〜完全無添加化粧品販売のピュアノーブル

カサカサ乾燥肌を改善させる3つのポイント [女性の健康] All About カサカサ乾燥肌を改善させる3つのポイント [女性の健康] All About

冬のカサカサ肌と徹底的にサヨナラする方法 - かんでんe-Patio [関西電力インターネット会員倶楽部] 冬のカサカサ肌と徹底的にサヨナラする方法 - かんでんe-Patio [関西電力インターネット会員倶楽部]

冬の乾燥肌を救済!スペシャルお手入れ術 冬の乾燥肌を救済!スペシャルお手入れ術

これらのエントリーによれば、乾燥肌を招くNGな洗顔方法は次の通りです。

  • 洗顔に使うお湯の温度が高すぎる。
  • 肌をゴシゴシこするように洗っている。
  • クレンジング+石けん洗顔のW洗顔をしている。
  • 入浴や洗顔からスキンケアまでの時間が空きすぎている。
  • 洗顔後、化粧水は使っても、クリームやオイルなどの油性化粧品を使っていない。

熱すぎるお湯は肌のバリア機能を壊してしまうので、洗顔には30〜35度くらいのお湯を使いましょう。ゴシゴシこするように洗うのは、肌を傷めてしまうので避けて下さい。

また秋冬の乾燥肌は「水分」と「油分」の両方が不足している状態なので、クレンジング+石けん洗顔の“W洗顔”では必要な油分まで取り去ってしまう可能性が。石けん洗顔のみ、もしくはクレンジング洗顔の後にぬるま湯で洗うようにし、“洗いすぎない”ように注意します。そして洗顔後のスキンケアは、肌から水分が抜けてしまう前にできるだけ早く行うのがポイント。化粧水だけでなく、不足した油分を保湿クリームやオイルでも補って下さい。保湿には“蒸しタオル”でパックするのも効果的です。


■体の中から乾燥肌を改善!

続いては、スキンケアとあわせて実践したい“体の中から”の乾燥肌対策です。

冬のカサカサ肌を防ぐ栄養素の摂り方 [食と健康] All About 冬のカサカサ肌を防ぐ栄養素の摂り方 [食と健康] All About

カラダの中からキレイに!カサカサお肌をツルツルに - goo グルメ&料理 カラダの中からキレイに!カサカサお肌をツルツルに - goo グルメ&料理

上記のエントリーでは、肌に潤いを与えたり、新陳代謝を促す効果のある栄養素を含んだ食材を紹介しています。例えば次のような食材が。

  • ビタミンA(皮膚の潤いを保ち、傷ついた粘膜を回復させる)を含む食材
    • ほうれん草、小松菜、ニラ、にんじん、菜の花、うなぎ、レバー
  • ビタミンB2(皮膚の新陳代謝を促し、粘膜を強くする)を含む食材
    • レバー、うなぎ、卵、チーズ、納豆、サバ、カレイ、ししゃも

エントリーでは、これらの食材を使った“お肌ツルツルレシピ”も掲載しています。また美肌効果のある栄養素として知られるのが「コラーゲン」ですが、効率良く補給するにはまず良質の「タンパク質」をとり、それを分解してコラーゲンを合成する「ビタミンC」や、「鉄」「亜鉛」などのミネラルも摂取するのが大切です。


■乾燥肌に悩んだらここをチェック!

最後は乾燥肌をはじめ、あらゆる肌の悩みについて手助けしてくれるエントリーをご紹介します。

サッポー美肌塾 サッポー美肌塾

ニキビに毛穴、シミやシワなど、肌に関する様々な悩みについての対策がまとめられているこちらのエントリー。「効果的な保湿パック方法」「唇の乾燥・皮むけのケア」「乾燥肌チェック」「航空機内の乾燥対策」など、乾燥肌に関する項目も充実しています。「肌の調子が悪い」と感じたら、まずチェックしたいエントリーです。


乾燥肌対策の基本は肌を傷つけない丁寧な洗顔と保湿、そしてバランスの良い食事です。詳しい手入れ方法やスキンケア用品の選び方については、ご紹介した各エントリーを参考にしてみて下さい。


Title Photo by Bennyboy218

「乾燥肌」に関連する商品 by BECOME