• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

神社や観光施設、ウワサの“駅長”も!2011年の干支「ウサギ」を堪能できるスポット


■「狛犬」ならぬ「狛兎」がいる神社

まず、ウサギにまつわる珍しい2つの神社を紹介します。

<岡崎神社(京都)>
京都十六社 朱印めぐり
「狛兎(こまうさぎ)」や「招き兎」がいるので今年の初詣にぴったりな京都・岡崎神社(うさぎ神社)に行ってきました - GIGAZINE

京都市左京区にある「岡崎神社」は、ウサギが氏神の神使いとして伝えられていいます。また、ウサギが多産であることにちなみ、子授けや安産を願う参拝者が多く訪れます。境内には狛犬のかわりに「狛兎」が鎮座しているほか、お守りや絵馬など、さまざまなウサギグッズが販売されています。


<調神社(埼玉)>
http://www.scvb.or.jp/data/tsuki.shtml
調神社 - Wikipedia

その社名から、「ツキ」に恵まれる神社として信仰されている、さいたま市の「調神社(つきじんじゃ)」。「ツキ」=「月」にかけて、月の動物といわれるウサギが神の使いとされています。前出の「岡崎神社」同様、狛犬のかわりに「狛兎」が鎮座している、全国でも珍しい社です。


■ウサギと遊べるスポット

次に、動物園とはまた違う、実際にウサギと触れあえる観光スポットを紹介します。

<月うさぎの里(石川)>
【月うさぎの里】加賀の月うさぎ伝説。うさぎと遊ぶ!うさぎを見る

石川県加賀市の体験型テーマパーク「月うさぎの里」には、約50匹のウサギと遊べる「うさぎ広場」があります。また、ウサギグッズを販売するショッピングエリアや「月うさぎ」をまつる「月うさぎ神社」なども。加賀の味覚を楽しめるレストランもあり、1日中楽しめる施設です。


<大久野島(広島)>
休暇村大久野島公式ホームページ《ベストレート保証》|瀬戸内海のうさぎ島 せと温泉でのんびりゆったり
青春18きっぷで行くうさぎと毒ガスの島「大久野島」(前編) - メレンゲが腐るほど恋したい

多数のウサギが生息していることから「ウサギ島」とも呼ばれる、瀬戸内海の大久野島。リゾート地としても人気で、島の至るところにいるウサギが観光客を和ませます。


■ネコのつぎはウサギ?「ウサギ駅長」がいる駅

和歌山電鐵貴志川線「貴志駅」の駅長として人気を集めている、ネコの「たま駅長」。動物駅長の人気に乗じてか、山形県と愛媛県には「ウサギ」が駅長を務める駅があります。

<宮内駅(山形)>
山形鉄道株式会社
http://sankei.jp.msn.com/science/science/100822/scn1008221800002-n1.htm

2010年8月、山形鉄道「宮内駅」の駅長に就任したウサギの「もっちぃ」。真っ白でふさふさの毛に、ピンとたった耳がなんとも愛らしいです。


<卯之町駅(愛媛)>
JR四国<四国旅客鉄道株式会社>:JR四国
http://www.asahi.com/national/update/0103/OSK201101030023.html

JR予讃線「卯之町駅」では、卯年にちなみ、市内の施設で飼われていたオスのウサギを「ウサギ駅長」として任命しました。宮内駅の「もっちぃ」とは違い期間限定の駅長で、任期は1月16日(日)までとのことです。



Title Photo by jiazi

文: タニグチナオミ

関連エントリー