• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

息子が漫画家に!その喜びを語る父の文体が独特\(なんぞこれ)/



家出した息子が漫画家になり少年サンデーに載るようになりました\( 驚 )/ - きまぐれ通信

ブログ「きまぐれ通信」の1月13日付のエントリーで、5年間家出していた息子さんが「空詠大智」(そらよみだいち)というペンネームで、漫画家として活躍するようになった様子が喜びとともに記されています。空詠大智さんの漫画は、ついには週刊「少年サンデー」に掲載されるそうです。

その喜びの感情表現は、独特の文体でした。ほとんどすべての文の終わりに、両手を挙げた様子を表す顔文字「\(^O^)/」の顔に当たる部分に言葉を書き入れたものが。例えば、

今から楽しみですねー \( ワクワク )/

という具合です。カッコの中に入る言葉は、ネタフリやセルフツッコミなど自由自在。合いの手のような絶妙のリズム感で、ついつい最後まで読まされてしまいます。

はてなブックマークのコメント欄でも、この「\(^O^)/」の顔に当たる部分に言葉を書き込んだコメントが続々登場しました。「\(すごい)/」「\(これは流行る)/」「\(なんぞこれ)/」などがずらりと並ぶ様子は圧巻です。コメントの一覧は、以下のページからどうぞ。

はてなブックマーク - 家出した息子が漫画家になり少年サンデーに載るようになりました\( 驚 )/ - きまぐれ通信

文: 青宮しおり

関連エントリー