• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

どうしてこうなった!? 「Google 翻訳」の迷回答を集めてみた


■Google 翻訳はかなりのアニメ好き?

これまで話題になった翻訳結果を見てみると、Google 翻訳の“オタクぶり”がうかがえるかもしれません。


ちょwGoogle翻訳でahhhhを翻訳してみろwwwwwwwwwwwww - スチーム速報 VIP
Google翻訳で遊ぼう|ギズモード・ジャパン

数ある迷回答の中でも特に話題になったのが「ahhhh」が和英翻訳で「ラキスタノキワミ」になるという翻訳結果です。現在は修正されて見ることができませんが、ラキスタノキワミとは人気アニメ「らき☆すた」のリミックスCD「らき☆すた Re-Mix002~『ラキスタノキワミ、アッー』【してやんよ】~」のタイトルにも使われているワード。“ahhhh”が“アッー”として認識されたとも推測できますが、はてなブックマークでは「どうしてこうなった」という声が続出していました。

その他に、「魔女の宅急便」→「Kiki」、「miku」→「初音ミク」、「haruhi」→「涼宮ハルヒの憂鬱」になるなど、人気キャラクターの名前をばっちり訳してくれることも明らかになっています。

■謎の人気グループの正体が明らかに…?

正体不明とされていたあのボーカルグループの秘密があわや流出?という“珍事件”も発生しました。


GReeeeNの正体はあの人気バンドだった?Google翻訳で驚きの結果が - はてなニュース

「キセキ」「愛唄」などのヒット曲でおなじみのボーカルグループ「GReeeeN」。彼らの名前をGoogle 翻訳で英和翻訳すると、なぜか全く別のバンドであるはずの「レミオロメン」になるという“謎の現象”を以前はてなブックマークニュースでもご紹介しました。現在この結果は修正されていますが、GReeeeNがメンバーの顔を明かさない“正体不明”なグループだけに、当時ネット上では「Google翻訳で正体がバレてしまったのでは」という声も飛び交っていました。

同じ音楽関連では、京都出身の人気ロックバンド「くるり」が世界的ロックバンド「Beatles」になるという翻訳結果も話題になりました。アニメには強いGoogle 翻訳ですが、音楽は苦手ジャンルなのでしょうか…?
http://vipsister.blog72.fc2.com/blog-entry-806.html

■Xboxはあのゲーム機と双子?

またGoogle 翻訳をきっかけに、「Xbox」と“あのゲーム機”の双子説がささやかれたこともありました。


“xbox”はあのゲーム機と双子だった?「Google 翻訳」のユニークな翻訳結果 - はてなニュース

Google 翻訳で「xbox」を英和翻訳すると、なぜかゲーム機としてはライバルであるはずの「プレイステーション」に。ネット上では突如2つのゲーム機の“双子説”が浮上しました。はてなブックマークのコメント欄でも「おい、本当かよ…。」「xbox360もPS3もwiiもPowerPCをベースにしたCPUという意味では兄弟」といった声が集まっています。

■Google 翻訳が歌い出す?意外な遊び方

最後はGoogle 翻訳の“音声読み上げ機能”を利用した意外な遊び方をご紹介します。


Google 翻訳の意外な遊び方「az nyan peroe peroe」を読み上げると? - はてなニュース
Google翻訳ビートボックスが正式サービス化 - Engadget 日本版

Google 翻訳で入力した文字列を実際に読み上げてくれる音声読み上げ機能。発音を確認したい時などに便利なこの機能ですが、ネットユーザーの間では全く違った使い方が話題になりました。

例えばドイツ語→ドイツ語を選択して「pv zk pv pv zk pv zk kz zk pv pv pv zk pv zk zk pzk pzk pvzkpkzvpvzk kkkkkk bsch」と入力して音声を聞いてみると、まるでボイスパーカッションのような音声に。偶然できたものとは思えないリズム感の良さに驚きます。

また英語→英語を選択して「az nyan peroe peroe」と入力、再生すると、「けいおん!」の人気キャラクター“あずにゃん”に対してネット上でよく使われるあのフレーズが。英語風の発音がなんともシュールです。


次から次へと予想外の翻訳結果を出してくれるGoogle 翻訳、今後は一体どんな“迷回答”を見せてくれるのでしょうか?
Google 翻訳


らき☆すた Re-Mix002~『ラキスタノキワミ、アッー』【してやんよ】~

らき☆すた Re-Mix002~『ラキスタノキワミ、アッー』【してやんよ】~

文: 飯塚朋子

関連エントリー