寝不足だけが原因じゃない?目の下の「クマ」を解消する方法

■ 目の下にクマができる理由は?

「クマ=睡眠不足のせい」というイメージがありますが、実はクマができる原因は他にもあるようです。

目の疲れ−目のクマ解消法 [ドライアイ] All About 目の疲れ−目のクマ解消法 [ドライアイ] All About

目の下のくま/サッポー美肌塾 目の下のくま/サッポー美肌塾

目のくま解消法 目のくま解消法

パソコン利用時の疲れ目は目元のクマを悪化させる - GIGAZINE パソコン利用時の疲れ目は目元のクマを悪化させる - GIGAZINE

これらのエントリーによれば、目の下にクマができる主な原因は次の2つ。

  • 紫外線や乾燥、こすりすぎなどのダメージによる「色素沈着」
  • 目のまわりの「血行不良」

クマが黒い色をしているのは、メラニンによる色素沈着や、血行不良で目のまわりに留まっている血液のせい。色素沈着の場合は紫外線や赤外線によるダメージ、乾燥、こすりすぎなどが原因ですが、血行不良の場合は疲れ目やストレス、睡眠不足などが原因です。また“目のクマは遺伝する”と言われることがありますが、これは目元の皮膚の薄さなどが遺伝することで、クマができやすくなるのではないかと考えられています。

■ 今すぐできる疲れ目解消法も!目のクマ対策いろいろ

クマの原因に多いのは、疲れ目や睡眠不足による“目のまわりの血行不良”です。普段からできる解消法をご紹介しましょう。

<疲れ目に効く蒸しタオルパック>

「目が疲れた」と感じたら! 今すぐできる“疲れ目解消法” - はてなブックマークニュース 「目が疲れた」と感じたら! 今すぐできる“疲れ目解消法” - はてなブックマークニュース

疲れ目、コンタクト、睡眠不足…原因別「目の充血」解消法 - はてなブックマークニュース 疲れ目、コンタクト、睡眠不足…原因別「目の充血」解消法 - はてなブックマークニュース

以前はてなブックマークニュースでご紹介したこれらのエントリーでは、仕事の合間にできる目の体操や、目元をじんわりと温めてリラックスさせてくれる“蒸しタオルパック”をご紹介しています。パックのやり方は次の通りです。

  • タオルを水で濡らして絞る。
  • 電子レンジ(500W~600W)で30秒~1分程度回す。(タオルの大きさによって調整)
  • いきなり当てると熱すぎるので、広げて適度に冷ましてからまぶたの上に乗せる。

部屋の電気を消し、寝転がりながら蒸しタオルを当てるとさらに効果的。自分がリラックスできる音楽をかけるのもオススメです。

<ツボ押しやマッサージで解消>

目の疲れを解消し、目の下のクマを予防する方法まとめ 美肌マニア  目の疲れを解消し、目の下のクマを予防する方法まとめ  美肌マニア

上記のエントリーによれば、疲れ目に効くツボは「目頭の内側、鼻根のツボ」と「こめかみ、髪の生え際のツボ」。指や手のひらを使ってゆっくりと押さえるのがポイントです。

そして、目のまわりの老廃物を取り除くのに効果的なマッサージを紹介する動画もあります。普段のスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか?

YouTube - Broadcast Yourself 
      YouTube - Broadcast Yourself

<ぐっすり眠るためのヒント>

これで今夜はぐっすり!? 忙しい人のための睡眠エントリーまとめ - はてなブックマークニュース これで今夜はぐっすり!? 忙しい人のための睡眠エントリーまとめ - はてなブックマークニュース

今日からグッスリ、肩こりにも効く!自分にぴったりの枕を選ぼう - はてなブックマークニュース 今日からグッスリ、肩こりにも効く!自分にぴったりの枕を選ぼう - はてなブックマークニュース

少しの昼寝が仕事のミスを防ぐ?短い時間で効果的に「昼寝」しよう - はてなブックマークニュース 少しの昼寝が仕事のミスを防ぐ?短い時間で効果的に「昼寝」しよう - はてなブックマークニュース

最後は「忙しくて睡眠時間が取れない」「寝付きが悪くてなかなか眠れない」という人にオススメしたいエントリーです。食事などの生活習慣から睡眠の質を改善する方法や、短時間でも効果的に睡眠を取るコツ、自分に合った寝具の選び方など、快眠に役立つヒントが満載。一番の理想はやはり“規則正しい生活”ですが、忙しい中でも少しずつ実践できる方法もあるので、参考にしてみて下さい。


また、疲れ目や睡眠不足ではなく色素沈着によるクマについては、“乾燥”を防ぐことが大切です。気になる乾燥肌のケアについては、以前はてなブックマークニュースでご紹介した下記の記事もどうぞ。

まずは正しい洗顔から カサカサお肌から脱出するための「乾燥肌」対策 - はてなブックマークニュース まずは正しい洗顔から カサカサお肌から脱出するための「乾燥肌」対策 - はてなブックマークニュース

「疲れ目」に関連する商品 by BECOME