• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

講談社ブルーバックスと岩波『世界』『科学』、原発関連の文書をそれぞれ無料公開



http://www.bookclub.kodansha.co.jp/books/bluebacks/special/nuclearinstallation.html
http://www.iwanami.co.jp/company/index_i.html

講談社が公開したのは、北村行孝さんと三島勇さんの著書『日本の原子力施設全データ』です。原子力施設の実態を知るための書籍として、2001年に講談社ブルーバックスから刊行されました。無料公開されているのは、次の項目です。

<第1部 原子力発電の基礎知識>

  • 第1章 原子力発電とは何か
  • 第2章 原子力発電の実際
  • 第3章 原子炉の燃料と核燃料サイクル

<第3部 原子力事故と安全対策>

  • 第4章 放射線と原子力安全
  • 第5章 原子力のトラブルと事故

岩波書店は、2011年1月号の『世界』で特集した「原子力復興という危険な夢」と、1997年と1999年に刊行した『科学』から、次の論文を公開しました。

<『世界』>

  • マイケル・シュナイダー/田窪雅文訳「原子力のたそがれ──米・仏・独のエネルギー政策分析から浮かび上がる再生可能エネルギーの優位性」
  • 明石昇二郎「原発輸出──これだけのリスク」
  • 葉上太郎「原発頼みは一炊の夢か──福島県双葉町が陥った財政難」

<『科学』>

  • 青山道夫・大原利眞・小村和久「動燃東海事故による放射性セシウムの関東平野への広がり」(1999年1月号)
  • 石橋克彦「原発震災──破滅を避けるために」(1997年10月号)

これらの文書は、すべてPDFファイルで公開されています。

無料で公開するにあたり、両社はそれぞれ、「本書の情報が皆様の不安を取り除き、冷静な行動の一助となることを願っております」(講談社)、「今回の福島原発事故や原子力政策を考えるうえで参考にしていただければ幸いです」(岩波書店)とコメントしています。

文: あおきめぐみ

関連エントリー