• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

はてなブックマークで人気の英語学習エントリー3選


■ 中学生レベルから4ヶ月でTOEIC765点達成

中学生レベルの英語力の奴が4ヶ月でTOEIC「Bクラス」を出す方法 (b) - log

英語力は中学生並みだったという著者が、大学院入試を前に、4ヶ月でTOEIC765点を達成した学習法が紹介されています。集中して基礎的な単語力と文法力をつけるところから始め、TOEIC対策問題集や模試に取り組みます。エントリー中では、具体的な学習法と合わせて、著者が利用した書籍も紹介されています。中でも、単語や熟語を覚える際に利用したという『DUO 3.0』は、多くのブックマークを集める人気英語学習書籍の1つです。

DUO 3.0

DUO 3.0

同じ著者による『DUO 3.0』の活用法に関するエントリーも、合わせて参考にしてみてください。

単語帳DUO 3.0をひと月で終えるために - log

■ 『英語上達完全マップ』でTOEIC890点を一発達成

英語上達完全マップを10ヶ月やってみた
ページ移転のお知らせ

学生時代から英語が苦手で嫌いだったという著者が取り組んだのは、英語教師の森沢洋介さんが提唱する「英語上達完全マップ」という学習法です。この方法は、多読と語彙力の増強を経て、大量の英語に触れるという流れで、英語の基礎完成(TOEIC900点レベル)を目指すというもの。「音読」「文法」「精読」「ボキャビル(ボキャブラリービルディング、語彙力の増強)」といった学習を組み合わせ、英語上達のための「地図」を明確にして学習を進めるところがポイントです。

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

エントリーでは、利用した教材の数、費用、時間といった数値や、学習が進行する様子について、詳細に記述しています。10ヶ月で約1500時間の勉強を実践した著者は、一発でTOEIC890点を達成したものの、「やり過ぎだと思う。1日に2-3時間のペースで、1年半から2年かけて同じ分量をこなすのが現実的でしょうか」と書いています。個々のペースで無理なく続けることも大事だといえそうです。

■ 急がばまわれ、堅実な英語学習法

急がばまわれ式・堅実で一番効率的な英語の勉強法

最後は、はてな匿名ダイアリーに投稿されたエントリーです。海外経験はないという著者は、毎朝コツコツ勉強を続けて、TOEIC975点、語彙力20000を達成したそうです。エントリーでは、「英語を身につけることは、ピラミッドを構築する作業である」として、いきなり実践に入るのではなく、基礎から着実に学習する「急がばまわれ」の学習法を勧めています。具体的には、文法を理解し、単語や例文を暗記して基礎を固めてから、本を読む、ポッドキャストを聴くなど、実践に発展させるというもの。文法、語彙力増強、実践のそれぞれの過程で参考になる書籍や、単語を習得する際に役立つソフトウェアについても、名前を挙げています。


The photo is by "Jeremy Burgin".

文: イノアキ

関連エントリー