• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

エレベーターやお風呂の中にいた場合は?場所別の「地震」対処法


■ 屋内の場合

地震が発生したら、机の下など安全な場所で身を守るのが最優先です。しかし、場所によってはすぐに移動できない場合もありますよね。

<就寝時、エレベーターの中ではどうするべき?>


防災の心得〜こんなとき地震が起きたら[屋内編]

上記のエントリーでは、すぐに避難しづらい場所での対処法を次のように紹介しています。

  • 就寝時
    • 枕や布団で頭を守る。揺れがおさまってから、足元に十分注意して行動する。
  • エレベーターの中
    • 揺れを感じたら、全ての階のボタンを押して最寄りの階で降りる。万が一閉じ込められた場合は、非常用の電話で連絡する。
  • 映画館や劇場の中
    • シートの間に身をかがめ、手や持ち物で頭を守る。出口に殺到せず、従業員の指示に従う。
  • デパートの中
    • 商品の棚からすぐに離れる。従業員の指示に従い、落ち着いて行動する。

机などの下に逃げられない場合でも、持ち物や手で頭をかばいましょう。エレベーターは地震時に緊急停止することがあるので、避難に使うのは絶対に避けてください。

<お風呂やトイレの中では?>


http://news.nicovideo.jp/watch/nw45921
お風呂やトイレにいるときはどうすればいいの?(PDF)

最も無防備な状態になってしまうのが、お風呂やトイレの中にいた場合です。地震が発生したら、閉じ込められないよう、まずドアを開けて出口を確保しましょう。揺れがおさまった後、足元に危険がないか十分注意しながら外に出ます。窓ガラスや鏡が割れないように、日頃から飛散防止フィルムを貼っておくのもオススメです。外に出たら、火災を防ぐためにガスの元栓を閉めます。

■ 屋外の場合

建物の外にいる場合や、車や電車で移動中の場合はどうすればいいのでしょうか?


http://www.bousai.metro.tokyo.jp/japanese/athome/outside_earthquake.html

東京都防災ホームページでは、屋外での対処法を次のように紹介しています。

  • 街の中
    • 落下物に注意し、かばんなどで頭を守る。自動販売機や建物の壁ぎわ、塀ぎわには近づかないようにし、空き地や公園などに避難する。
  • 車の中
    • 急ブレーキはかけずに、ゆっくりと速度を落とす。左に寄せて停止し、揺れがおさまるのを待つ。車から離れる際はドアをロックせず、キーをつけたままにする。
  • 電車の中
    • つり革や手すりにしっかりつかまる。勝手に行動せず、乗務員の指示に従う。
  • 海岸付近
    • 海岸や低地には近寄らず、高台に避難する。津波の情報に注意する。

外にいる場合は、窓ガラスや看板などの落下物に十分注意しましょう。特に大勢の人がいる場所では、パニックにならないよう落ち着いた行動が必要です。


基本的な地震対策については、下記のエントリーでご紹介しています。家具の固定や持ち出し用の荷物など、一度チェックしてみてください。

阪神大震災から15年、今こそ知りたい「家庭でできる地震対策」 - はてなニュース


Title Photo by El Gran Dee

文: 飯塚朋子

関連エントリー