• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

東京事変が「夜明けのうた」をカバー&動画公開 “大勢の人に口ずさんで欲しい”



東京事変 - 夜明けのうた - YouTube
EMI Records Japan

「夜明けのうた」は、岩谷時子さんが作詞を、いずみたくさんが作曲を担当した昭和時代のヒット曲です。

「この唄をご存知ですか。もしよろしければあたらしく、みなさまのレパートリーへ加えてくださいな。ご一緒出来るいつかの夜明けを夢みて」というコメントとともに公開された動画には、ボーカルの椎名林檎さん、ベースの亀田誠治さん、ギターの浮雲さんら5人のメンバーの演奏風景が収められています。

この動画は、3月11日に発生した東日本大震災を受けて公開されました。同曲を選んだ理由について、椎名さんは「『夜明けのうた』を思い出す」というタイトルでメッセージを発表しています。

昭和53年生まれのわたしの耳へ、この作品が “肉声のうたとして鳴った”ことなど一度としてございませんでした。(中略)さっき、いつもの仲間と一緒に演奏しました。だけど「大勢のかたにいまいちど口ずさんで戴きたい」と言うほうが、いまのほんとうです。突然の災いに生命を落とされた方々のご冥福をお祈り申し上げて。それでも生きている今日のわたしたちに、 こっそり贈り物をくださっていた作家のお二人へ胸一杯の敬意を込めて。

SR 猫柳本線

文: タニグチナオミ

関連エントリー