• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

学会やラボなど“ハカセ”の日常を描いたリアルな4コママンガ



ハカセといふ生物を最初から読む(第1話~)|研究者マンガ「ハカセといふ生物」
研究者マンガ「ハカセといふ生物」

「ハカセといふ生物」は、さえない研究者である北大路柿生と普通の女子・姫杜冴子のやりとりを描いた4コママンガです。4月25日(月)までに、特別編2話を含めた合計58作品がブログで公開されています。
はてなブックマークのコメント欄では「3年前までこういう生活してたなぁ(遠い目)」「リアルすぎてヤバいわwあるあるどころか、なんか胃が痛くなってくる気がするw」という感想が寄せられています。

Welcome to the KIAGENE WORLD!! -To the ends of brains...

作者が作成に携わったというゲーム、「脳戦隊メモレンジャー」も同ブログで紹介されています。このゲームは最新の脳神経科学研究の知識満載のRPGで、Vectorからダウンロード可能です。

文: 古関崇義

関連エントリー