• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

なぜ下剤を飲むの? 検査の前に知っておきたい“バリウム”のこと


■ バリウムを飲む前に知っておきたいこと

胃部X線検査で使うX線は、人体を透過します。X線を通しにくいバリウムを含む造影剤を飲んで撮影すると、胃の内部を細かく観察できます。バリウムを飲む際の注意点について、以下のエントリーを参考にまとめてみました。

胃部X線(バリウム)検査を受ける方へ
胃のレントゲンを撮るバリウム検査【家庭の胃学】

検査の約2日前からはアルコール類の摂取を控え、前日は22時までに食事を済ませましょう。食事の際は、消化の悪い食べ物を避けたほうがよいそうです。検査当日は絶食状態で医療機関に向かいます。たばこを吸ったり、ガムを食べたりすることも厳禁です。

バリウムを飲む前に、胃を膨らませるための発泡剤を飲みます。“げっぷ”が出そうになりますが、つばを飲み込むようにして検査終了まで我慢しましょう。バリウムを指示に従って飲み干した後、検査台で体を動かしながら、さまざまな角度からの撮影が行われます。

検査が終わったら、バリウムを排出するため、多めの水と一緒に下剤を飲みます。

■ なぜ水と下剤を飲むの? 飲酒はOK? バリウムの豆知識

バリウムを使った検査の後には、水と下剤を飲む必要があります。その理由について、埼玉成恵会病院のサイトに詳しく記載されています。

健康管理センター 放射線科 - 埼玉成恵会病院

これによると、バリウムはもともと“石の粉を水に溶かしたもの”で、水分がなくなると固まってしまうそうです。胃や腸で固まるのを防ぐため、下剤を摂取した後も水分をこまめに補給します。

同じ水分でも、お酒はバリウムが体外へ排出されるまで控えなければいけません。飲酒で体の水分を失ってしまったり、消化管の運動をストップさせてしまう恐れがあるからだそうです。

下剤を飲んでもバリウムが排出されない場合は、医療機関での受診を勧めています。

■ バリウムを含んだ便をトイレで流すには

「バリウムが出たのに流れない」という経験をしている人が多いようです。

バー理科室の備忘録 バリウムウンコが流れない -これからバリウム検査をする人に送るバリウムウンコの流し方-

こちらのブログでは、便が流れない場合に試してみた対処法がまとまっています。「自然に流れるのを待つ」「多めの水で流す」のほか、あらかじめ便器にトイレットペーパーを敷いておき、その上に排便するといった方法が紹介されています。

■ “バリウムを飲む”以外の検査も

胃がん検診・検査 予約【2966コース】から探す | 人間ドックのここカラダ
検査の基本! 胃カメラかバリウムか…… [癌(がん)] All About

胃の検査には、バリウムによる検査のほかに、胃カメラや経鼻内視鏡を使った検査、カプセル内視鏡を飲む検査があります。これらのエントリーでは、それぞれのメリットとデメリットがまとめられています。

文: タニグチナオミ

関連エントリー