• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

映画「ブラック・スワン」人気の感想&考察エントリーをピックアップ



※以下の文や紹介するエントリー中には、映画「ブラック・スワン」の作品内容・結末に触れる情報が含まれています※

■ 「ブラック・スワン」とは――基本情報とあらすじ

http://movies2.foxjapan.com/blackswan/

「ブラック・スワン」は、「レクイエム・フォー・ドリーム」や「レスラー」で登場人物の悲劇を描いたダーレン・アロノフスキー監督の映画です。第83回アカデミー賞では、主役の「ニナ」を演じたナタリー・ポートマンが主演女優賞を受賞したほか、作品賞や監督賞など5部門にノミネートされました。

ニューヨークのバレエ団に所属する「ニナ」(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親「エリカ」(バーバラ・ハーシー)から過剰な愛情を受けながら、バレエ一色の人生を歩んできました。そんな彼女の元に「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが舞い込みます。しかし、清純で正確なニナの踊りは“白鳥”では問題ないものの、もう1つの妖艶な役“黒鳥”を演じることができません。バレエ団の監督「トマス」(ヴァンサン・カッセル)の求める“黒鳥”の難しさや、“黒鳥”にピッタリな魅力を持つライバル「リリー」(ミラ・クニス)の存在に、次第に闇にとらわれていくニナの心情を描いています。

なお、本作は過激な描写があることから、R-15作品に指定されています。


映画『ブラック・スワン』予告編 - YouTube

■ はてなブックマークで話題の感想&考察エントリー

はてなブックマークでは、封切直後からさまざまな“ブラック・スワンエントリー”が注目を集めています。以下にその一部を集めてみました。

<“超一流アーティストの誕生過程”を描いた作品>

超映画批評『ブラック・スワン』95点(100点満点中)

映画ライターの前田有一さんは、自身のサイト「超映画批評」で本作を「“超一流アーティストの誕生過程”を描くドラマ」と評しました。追い込まれていくニナの描写、ナタリー・ポートマンの完璧な演技、見ごたえのあるバレエシーンなどを褒め、「少女の才能の覚醒に至るまでを、映画史上有数のリアリティとともに描いた大傑作」としています。

<身体を用いて描かれる女性の苦しみ>

『ブラック・スワン』を見たゼ! - 空中キャンプ

映画の感想エントリーが人気のブログ「空中キャンプ」では、本作で繰り返し描かれる「爪」の痛覚に着目し、「身体を用いて描かれる女性の苦しみがテーマになっている」と考察しています。ニナの服を脱がせたり体を拭いたり、爪を切ったりする母親の描写については「ダイレクトに娘の身体にアクセスしようとする母親との葛藤がもうひとつのポイント」とし、母親のポジションの重要さを説明しています。

<結末の選択を監督に問う>

『ブラック・スワン』 - 真魚八重子 アヌトパンナ・アニルッダ
映画ライターの真魚八重子さんによるエントリーでは、初日の舞台でめまぐるしく混乱していくニナの悲劇に「苛烈で本当にかわいそう」とコメントしています。監督が選んだラストについては、以下のような疑問を投げかけています。

わたしは『ブラック・スワン』を(中略)これは「ただの映画で作り物にすぎない」という当たり前のことを如実に感じさせながらも、「こんなに苦しんだのだから、ニナに最後は救済を与えてあげてほしい」と、素直に願えるような珍しい映画であると思います。勿論映画の物語にはひとつしか回答はない。作り手が最終的に選択したカットのみが答えだと、わたしは思っています。(中略)本作のクライマックスは素晴らしい高まりがあるけれども、あのラストカット、あのオチに着地しないとバレリーナの完全な物語の昇華は、成立しなかったんでしょうか。

<今敏監督作「パーフェクトブルー」との共通点>

バレエ・ホラー『ブラック・スワン』と『パーフェクト・ブルー』 - 映画評論家町山智浩アメリカ日記
ブラックスワンonパーフェクトブルー - 映画評論家町山智浩アメリカ日記

「ブラック・スワン」に関するエントリーでは、ストーリーの展開や設定、描写などが故・今敏監督の長編アニメ映画「パーフェクトブルー」と類似していることがたびたび言及されています。「パーフェクトブルー」のストーリーは、アイドルグループを脱退し女優へ転身した主人公が、アイドル時代にはなかった過激な仕事への不満やストーカーに対する恐怖で追い詰められていくというものです。

映画評論家の町山智浩さんのブログによると、アメリカでは「パーフェクトブルー」が広く見られており、多くの映画ジャーナリストが「ブラック・スワン」との類似性を指摘して、監督に直接質問しているとのこと。しかしアロノフスキー監督は「パーフェクトブルー」との関係性を否定しているそうです。2010年末に「ブラック・スワン」を見た町山さんは「今年見た映画の中でトップ3に入る」と絶賛しながらも「今敏監督の影響を認めて、この映画を彼に捧げて欲しかった」と記しています。


ブラック・スワン 3枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

ブラック・スワン 3枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

文: タニグチナオミ

関連エントリー