• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

SMSの事業者間接続が7月13日から開始 キャリアを超えた送受信が可能に



報道発表資料 : ショートメッセージサービス(SMS)の事業者間接続開始について | お知らせ | NTTドコモ
ショートメッセージサービス (SMS) の事業者間接続開始について | 2011年 | KDDI株式会社
ショートメッセージサービス(SMS)の事業者間接続開始について | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
ショートメッセージサービス(SMS)の事業者間接続開始について|報道発表資料|イー・アクセス

SMSは、携帯電話番号を利用してメッセージを送受信する機能です。事業者間接続を行うのは、NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの5社です。

事業者間接続の開始にあたり、KDDIと沖縄セルラー電話は2011年6月以降に発売する一部の機種で、送信できる文字数制限を全角で最大70文字まで、半角で最大140文字までに拡大します。送信限度数は、1日あたり200通まで、または1ヶ月あたり6,000通までに変更します。NTTドコモは、1回あたりの送信料を3.15円に値下げします。料金設定や仕様は各キャリアによって異なるので、詳しくは各キャリアの案内をご覧ください。

SMSの事業者間接続開始に対し、はてなブックマークのコメント欄では「これは嬉しい」「実にいいこと」「ケータイのメールアドレスの重要性が減って、機種変しやすくなるね」といった期待の声が集まっています。

文: あおきめぐみ

関連エントリー