• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

ダイヤルアップ接続音にパソコン通信 “懐かしのインターネット”が味わえるエントリー


■電話中は使えない? 昔のインターネットを振り返る

インターネットが普及し始めたころ、こんな経験はありませんでしたか?

インターネットの懐かしいネタ - ねとねた
テレホーダイ時代のネットって明らかにクオリティが高かったよな? : 【2ch】ニュー速クオリティ
20代女子が懐かしいと思うネット用語…「カキコ」「キリ番」「ネチケット」「MIDI」「2000年問題」 | ニュース2ちゃんねる

これらのエントリーでは、「電話するから一回インターネット切って」「テレホ(テレホーダイ)タイムまで待つ」など当時の利用環境についての思い出や、「吉野家コピペ」「開国してくださいよ~」といった“懐かしのネタ”がまとめられています。「2000年問題でPCが使えなくなるかもしれないと心配した」「インターネットはドリームキャストで始めた」など、思わず「あったあった!」と言ってしまいそうなネタが満載です。

■“ピーガガガガ…”のダイヤルアップ接続音

昔のインターネットといえば、接続時の“あの音”を思い出します。

“ピーガガガガ…”YouTubeに投稿された懐かしの「ダイヤルアップ接続音」 - はてなニュース

ADSLや光ファイバーといったブロードバンド接続が普及する前、1990年代後半のインターネットの接続方法は「ダイヤルアップ接続」が主流でした。上記のエントリーでは、ダイヤルアップで接続を行う際の「ピーピーピーガガガガ…ザーーーーー」という接続音が聞ける動画を紹介しています。当時はなかなかつながらなくてイライラしていた人も、今この音を聞くと懐かしく感じるかもしれません。

■FUJITSUの歴代トップページ

富士通の公式サイトでは、1994年から2010年までの“歴代トップページ”のスクリーンショットを公開しています。

FUJITSUサイト トップページ展示室 - Fujitsu Japan

現存する最古のトップページは、1994年6月時点のもの。スクリーンショットで使われているブラウザは、富士通初の日本語ブラウザとして同年8月に発売された「Infomosaic」です。その後は主流ブラウザの変遷に伴って、ページのデザインが変化していく様子が分かります。

■あのパソコン通信「NIFTY-Serve」を再現

ニフティの創立25周年を記念した特設サイトでは、懐かしのパソコン通信「NIFTY-Serve」を体験できます。

あのパソコン通信が復活!ニフティの創立25周年記念サイトに「NIFTY-Serve」登場 - はてなニュース

NIFTY-Serveは、インターネットが普及する以前の1987年にスタートし、2006年まで運営されていたパソコン通信サービスです。同サイトで再現されているのは1996年当時のサービス画面で、当時のコンテンツ「電子メール」「掲示板」「フォーラム」を操作できます。


当時を知らない人にとっては、逆に“新鮮”に感じるネタがあったかもしれません。今から10年後、20年後には、一体どんなネタが「懐かしい」と言われるのでしょうか?


Title Photo by Mac Users Guide

文: 飯塚朋子

関連エントリー