• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

エアコンや扇風機の使い方を見直そう 節電しながら“涼しく過ごす”方法


■ 「エアコン」を節電して使おう

エアコンの節電対策といえば「設定温度をできるだけ高めにする」という方法がよく知られていますが、他にもこんな方法があります。


エアコン節電情報 | ダイキン工業株式会社

空調総合メーカーのダイキンは、家庭でできるエアコンの節電方法についての特集ページを設けています。設定温度を高くする以外にも、「フィルターや冷却フィンを掃除する」「帰宅したらまず換気して部屋の熱気を逃がす」「冷気を逃がさないよう、ドアはきちんと閉める」といったさまざまな対策があります。エアコンそのものの設定や使い方を変えるだけでなく、効率よく部屋の温度が下げられるように工夫することが大切です。

■ エアコンなしでも涼しく過ごせる?

続いては、より経済的な“エアコンを使わない”方法です。

<お金をかけずに涼しく過ごすアイデア>


これで猛暑も乗り越えられる?できるだけ涼しくすごす方法 - はてなニュース

手っ取り早いのは、体温を下げる方法です。タオルで巻いた氷を、手首や首筋など大きな血管が流れている部分に当てます。 部屋にこもった熱気を取り除くには、天井付近や物置といった熱気がこもりやすい場所を換気、冷却します。「打ち水」「すだれ」「蚊帳」など昔ながらの暑さ対策も効果があります。

<「扇風機」を効果的に使う>


「扇風機」を上手に使って、エアコンなしでも涼しく過ごそう - はてなニュース

部屋から外に出てみると「外のほうが涼しい!」と感じるときがありますよね。そんなときは、扇風機を窓際に置いて涼しい外気を部屋の中に取り込みましょう。上記の記事では、他にも「氷で一杯にした洗面器を扇風機の前に置く」「2台使うときは、体を中心として対角線上に置く」「エアコンと併用する」といった扇風機の効果的な使い方を紹介しています。

<熱帯夜の寝苦しさを解消したい>


熱帯夜でもぐっすり眠りたい!エアコンを使わない「快眠」のコツ - はてなニュース

“エアコンをつけたまま寝る”のは、節電はもちろん健康の面から見てもできるだけ避けたいものです。寝苦しさを解消するため、寝室にこもった熱気は寝る前に取り除き、寝具は夏用のものを使いましょう。ベッドに敷くことでひんやり快適に過ごせるマットや、熱気を逃がす効果のある竹シーツなどもオススメです。


エアコンのフィルターや冷却フィンにホコリなどの汚れがたまっていると、部屋を冷やす力が弱まって無駄な電力を消費してしまいます。エアコンの手入れ方法については、はてなブックマークニュースの下記の記事をどうぞ。

ホコリ、たまっていませんか?自宅でできるエアコン&扇風機の掃除法 - はてなニュース


ATEX エアコンマット そよ (送風のみ) AX-HM1200

ATEX エアコンマット そよ (送風のみ) AX-HM1200


Title Photo by sakura_chihaya+

文: 飯塚朋子

関連エントリー