読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

困ったらパーを出せ? ここぞという勝負で使いたい「じゃんけん必勝法」


■ 世界じゃんけん協会の“7ヶ条”

一見“運次第”に思えるじゃんけんの勝敗ですが、勝つ確率を上げるさまざまなテクニックがあるようです。


http://motezemi.livedoor.biz/archives/50036341.html
じゃんけんに勝つための7つのテクニック - GIGAZINE
World Rock Paper Scissors Society – Serving the needs of decision-makers since 1918

カナダに本拠を置く世界じゃんけん協会(WRPS)では、じゃんけんに勝つための7つのテクニックを次のように挙げています。

  • 1.初心者にはパーを出す
    • じゃんけん初心者にはグーを多く出す傾向があるため、パーを出すと勝てる確率が高い
  • 2.ベテランにはチョキを出す
    • じゃんけんに強いベテランはグーを出すことを避けるので、チョキを出せば勝つ、もしくはあいこになる場合が多い
  • 3.2回同じ手が続けば、次はその手に負ける手を出す
    • 3回連続で同じ手を出すことはあまりないので、その手に負ける手を出せば勝つ、もしくはあいこになりやすい
  • 4.「次はグーを出す」などと宣言して実行する
    • ほとんどの相手はその宣言を疑うので、グーを出すと言われるとパーを出さなくなる
  • 5.相手に考える時間を与えない
    • 急かして相手を追い込むと、直前に勝った手を出しやすくなる
  • 6.相手が出す順番を無意識に固定させる
    • 「グー、チョキ、パー」と口に出しながら手の形を見せるようにすると、出す順番が刷り込まれやすい
  • 7.どうしても相手の手が読めない場合はパーを出す
    • じゃんけんの大会でも、チョキが出る確率が一番低い

自分ではグー・チョキ・パーをランダムに出しているつもりでも、実はその時の状況が無意識のうちに影響しているもの。相手のちょっとした隙をついてみましょう。

■ “どの順番が出しやすいか”を意識する

じゃんけんでは次の手を出す際に瞬時に手の形を変える必要があるため、相手は「手の形を変えやすい順番で出してくる」とも考えられます。


phenomenons:第六感か、理由があるのか?! ジャンケン必勝法!!

チョキの後にパーを出す場合とパーの次にチョキを出す場合を比べると、後者のほうが手の形を変えづらいと思うはず。このようにじゃんけんの手には出しやすい順番と出しにくい順番があるため、この順番を意識して次の手を考えるという作戦もあります。最も出しやすいと考えられるのは、グー・チョキ・パーの順番。相手がこの順番で出してくるなら、パー・グー・チョキと1つずつずらして出せば勝つことができます。

■ “最初はグー”の場合は?

下記のエントリーでは、ネットユーザーから寄せられたさまざまな必勝法が紹介されています。


ジャンケンで勝つ方法があった! 最初にグーを出すと負ける確率がアップ – ロケットニュース24(β)

「女は最初にグーを出す。男は最初にパーを出す」「チョキ65%、パー20%、グー15%。経験が語る」など、それぞれに独自のテクニックがある様子。“最初はグー”で始める場合は「次はグー以外出してくる確率が高いからチョキ出すと勝つ確率上がる」という意見もありました。

■ じゃんけんの究極奥義とは?

最後は「こんな方法もアリ!?」と思うユニークな必勝法です。


インディーズゼロ秘伝 じゃんけん必勝法

このエントリーでは、人物ごとにグー・チョキ・パーを出した回数を調べて分析する「人物別確率記録作戦」、相手の容姿や性格から統計学的に出しやすい手を割り出す「じゃんけん統計学利用作戦」、“いかにもグーを出しそう”というように自分のイメージを演出する「キャラクター演出作戦」など、ちょっと変わったテクニックを紹介しています。「何がなんでもじゃんけんで勝ちたい!」という人には、究極奥義「メシおごり作戦」もあります。


初心者には難しそうなテクニックもありますが、「困ったらパー」というのは覚えておいて損はなさそうですね。次の勝負で早速試してみてはいかがでしょうか?


Title Photo by Misterteacher

文: 飯塚朋子

関連エントリー