• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

「AKB48の首を締める行為」 握手会での転売やメンバーへの暴言について、支配人が“お願い”



握手会を終えて|AKB48 Official Blog 〜1830mから~ powered by アメブロ

ファンへの“お願い”を記しているのは、9月11日付で公開された「握手会を終えて」というエントリーです。AKB48を支えているファンに感謝の気持ちを告げた後、握手会で目立った"トラブル”について言及しています。

その内容は、提示が必要な身分証明書の金銭目的での貸し借りや、生写真などを他のファンと交換できるトレーディングエリアでの金銭授受、握手券の転売、暴言やおもちゃのゴキブリで脅かすといったメンバーへのいやがらせなどです。中でも転売については、「『AKB48を悪くしたいから』と思って転売で購入している人はいないと思います。でも、その行為はAKB48の首を締めます」と強い口調で注意しています。
戸賀崎さんはファンに対し、以下のようなメッセージを送っています。

昔、ファンの皆様に「応援することはメンバーの笑顔を守ること」だとお伝えしたことがあると思います。(中略)ファンの皆様の笑顔を見て、メンバーが笑顔になる。メンバーの笑顔を見て、ファンの皆様が笑顔になる。こうして、人と人との「絆」を深めるのが握手会です。そして、ファンの皆様とメンバーと運営が三位一体になって「絆」を深めて来たからこそ、今のAKBがあります。その「絆」を大切にこれかも握手会を行いたいです。その為には、ファンの皆様からのご協力が必要不可欠です(原文ママ)

握手会とは、AKB48のメンバーと直接“握手”ができるイベントです。握手には、シングルやアルバムのなどの対象商品1点につき1枚封入されている“握手券”が必要です。

文: タニグチナオミ

関連エントリー