• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

いつもの料理をもっと華やかに おいしく見える“盛り付け”のコツ


■ ポイントは“バランス”――盛り付けの基本


http://www.rikenvitamin.jp/wakame_channel/kitchen_column/kit20.html

最初に紹介したいのは、器ごとの盛り付け方を解説したこちらのエントリーです。盛り付けで気をつけたいのは、料理と器のバランスです。握りこぶしを器に当てて盛る量をイメージしておくと、バランスよく盛り付けられます。

また、器の大きさや種類によっても、盛り付け方は変わってきます。平皿なら、中央部分に寄せて盛り付け、余白を残しましょう。深いお皿の場合は、高さが出るように盛り付けるのがオススメです。

■ 高級感あふれる盛り付けのコツは?


5割高く見える!お洒落な盛り付け法 - 繁盛への道 <調理・メニュー> - 日経レストラン ONLINE

飲食店向けのこちらのエントリーでは、フードコーディネーターが教える“豪華に見える盛り付け方”を紹介しています。

例えば手作りコロッケの場合、昔ながらの小判型コロッケを並べるよりも、ひと口大の丸い形にして、立体的に盛り付けたほうが高級感が出ます。

カボチャのサラダの場合は、先に全ての具材を混ぜて盛り付けるとマヨネーズが全体に付いてしまい、高級感がありません。カボチャとキュウリを先にあえ、トマトとチーズをあとから加えると、見た目が華やかになります。

■ お皿別、タタキの盛り方


カツオのタタキをつくろう (3) 盛り付け方編 : あぶかも

こちらのエントリーでは、カツオのタタキを見栄えよく盛り付ける方法を解説しています。

1人分を盛る際に使う銘々皿の場合は、皿の奥にタマネギのスライスを、その手前に大葉を置きます。主役のカツオは、皮の面を上にして、左が高くなるように盛ります。このとき、手前のカツオを左にずらすとバランスよく見えるそうです。タタキだけでなく、厚めの平造りを盛り付ける場合にも応用できます。

丸い大皿を使う場合は、外側から1枚ずつ、円形にタタキを並べたあと、タマネギのスライスを中央に盛るのがポイントです。

■ 日常で使える! パスタの盛り付け方


<気まぐれ番外編>marron流パスタの盛り付け方 : ごはんの時間 ++気まぐれレシピ++

最後に、家庭でも簡単にできるパスタの盛り付け方を紹介します。

美しく見せるには、トングを使い、高い位置から盛り付けるのがポイントです。パスタが下に長く垂れるくらい高い位置から、手首を返して円を描くように乗せます。2、3回に分けて盛り付けましょう。高く盛り付けられたら、最後に中央部分にソースをかけて完成です。


Title Photo by mela sogono

文: タニグチナオミ

関連エントリー