• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

つぶやきから見る風邪の流行 「カゼミル+」オープン



パパ活で副業を始めよう| 初心者向けのパパ活情報サイト
2011/11/15 エスタック「カゼミル」が「カゼミル+(プラス)」にバージョンアップ!(ニュースリリース)/企業情報【エスエス製薬】

「カゼミル+」はTwitterでつぶやかれる風邪に関するつぶやきを自動的に抽出・集計して、風邪の流行情報を提供するサービスです。つぶやきから算出した都道府県別の今日の「カゼ話題度」や、週間予報に基づき、気温や湿度の変化を考慮したこの先1週間の「カゼ話題度予測」などを見ることができます。公式Twitterアカウント(@kazemiru)でも「カゼ話題度」の情報を発信していて、サイトにアクセスすることなく風邪の流行をキャッチすることができます。

カゼミルプラス:エスタック公式アカウント (kazemiru) on Twitter

カゼミル+は、2010年11月にオープンした「カゼミル」がバージョンアップしたものです。新版で強化したTwitter連携機能を利用するには、まずカゼミル+のサイト上で自分のTwitterのアカウントとカゼミル+を連携させます。次に自分が住む都道府県をサイトに設定します。すると、Twitterでフォローしている人や同じ都道府県に住む人のつぶやきの中から、風邪に関係するものだけが自動的に表示されます。表示は、つぶやきの解析結果から「のどの痛み」「頭痛」「熱」などで色分けされています。

つぶやきを抽出する精度は、東京大学「知の構造化センター」の技術提供を受け、昨年に比べて大幅に向上させたそうです。同じ「のどが痛い」というつぶやきでも「昨日からのどが痛くてイガイガする」は抽出の結果に反映させ、「カラオケでのどが痛い」は風邪に関係するつぶやきではないとみなすなど、独自のアルゴリズムを使用しているそうです。

文: 山崎メイ

関連エントリー