• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

小林武史さんがプロデュース 「代々木VILLAGE by kurkku」11/18にオープン



代々木VILLAGE by kurkku
小林武史プロデュース「代々木VILLAGE by kurkku」都会のオアシス大解剖 - 1ページ目 | Fashionsnap.com

花・植物生産卸業「花宇」5代目の西畠清順さんが手掛ける庭園は、敷地の大部分を占め、世界中から集めた植物が植えられているそうです。メインレストランの「code kurkku(コードクルック)」は、京都のイタリアンレストラン「イル・ギオットーネ」のオーナーシェフ、笹島保弘さんがプロデュースしています。レストランには小林武史さんとミュージシャンの大沢伸一さんが選んだ曲をそろえる「BAR」が併設されています。

他にも、自家製天然酵母を使ったパンを販売するベーカリー「pour-kur(プルクル)」や、日本で紹介されていない洋書を中心に取り扱う書店「POST」など多彩なショップが並んでいます。

小林武史さんが代表取締役を務める「kurkku(クルック)」は、「代々木VILLAGE by kurkku」以外にも、表参道ヒルズ内の「kurkku 3」をはじめ都内3ヶ所でカフェを展開するなどさまざまなプロジェクトを手掛けています。
クルック|kurkku

「代々木VILLAGE by kurkku」のオープンにあたり、小林武史さんは以下のようなコメントを発表しています。

ap bankがコンセプトプロデュースするkurkkuのこの新たなプロジェクトは、環境のことやサステナブルを意識するのはもちろんなんだけど、もっと「面白さ」や「グルーヴ感」を出したいと考えていました。
(中略)
大きな意味でプロデュースはされているけれども、とにかく極上のバンドのグルーヴや表現に似た楽しさが、きっと伝わると思います。

文: 山崎メイ

関連エントリー