• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

つかんで遊べる“妖怪事典” Webサイト「妖怪一丁目」が面白い



YOUKAI

「妖怪一丁目」には、「からかさ小僧」や「雪婆(ゆきんば)」「ろくろ首」など、45種以上の妖怪が登場します。ページ上部の「めにゅー」を開くと、「妖怪をつかむ手」と「妖怪虫メガネ」の2つの機能が表示されます。「妖怪をつかむ手」の状態で画面上の妖怪をクリックすると、好きな場所に動かすことができます。ただし、妖怪をつかむと「あかん」という関西弁の声が再生されます。「妖怪虫メガネ」の状態で妖怪をクリックすると、名前や習性などの詳細が見られます。

「妖怪とは」と題した説明文には、「今の日本はネット社会だったり、夜遅くまで街が賑わっていたり妖怪の数も減っているのかもしれないね。でも、きっとみんなの近くに妖怪たちは住んでいるよ」という、ロマンあふれる一文が記されています。

水木しげるの妖怪事典

水木しげるの妖怪事典

文: タニグチナオミ

関連エントリー