卵は混ぜすぎないのがポイント 一度は作りたい絶品「卵焼き」レシピ4つ

■ ガッテン流、冷めてもおいしい卵焼き

まずはNHK「ためしてガッテン」で紹介されたふっくらジューシーな卵焼きの作り方です。

即・免許皆伝! 卵焼きの奥義 : ためしてガッテン - NHK 即・免許皆伝! 卵焼きの奥義 : ためしてガッテン - NHK

卵をとく際は、かき混ぜすぎるのではなく、白身をちぎるように短時間で混ぜましょう。焼くときは、強火で熱した鍋にたっぷりの卵を流し込みます。こうすることで細かい気泡を封じ込めたまま卵を固め、ふっくらと仕上げることができます。

■ お寿司屋さんの卵焼きを再現

続いては、“ギョク”と呼ばれるお寿司屋さんの卵焼きです。キレイに巻くコツはどこにあるのでしょうか?

寿司屋のおかみさん小話 寿司屋の卵焼きの作り方~ギョク(卵) 寿司屋のおかみさん小話 寿司屋の卵焼きの作り方~ギョク(卵)

お店では専用の鍋を使いますが、家庭では普通の卵焼き用フライパンでOKです。先ほどのガッテン流と同様に、卵は混ぜすぎず、強火で焼きましょう。火力を調節するのではなく、フライパンを火から遠ざけることで温度調節を行います。上記のエントリーでは、卵の流し入れ方や巻き方のコツを写真付きで丁寧に解説しています。

■ ラフさ加減がおいしさの秘訣! タモリ流卵焼き

料理上手で知られるタモリさんの卵焼きは、初心者でもトライしやすいレシピです。

しょうが焼き、カレー…美味しすぎるタモリ流レシピを集めてみた! - はてなブックマークニュース しょうが焼き、カレー…美味しすぎるタモリ流レシピを集めてみた! - はてなブックマークニュース

ダシを入れたり砂糖で甘くしたり、そのときによって好きな味付けにするというタモリさん。「最初の2枚はグチャグチャにしていい加減に丸め、最後の1枚だけキレイに巻く」という一見適当な作り方が、ふんわりとした食感を生む秘訣だそうです。

■ 映画「めがね」の卵焼きはちょっぴり豪快に

人気フードスタイリストの飯島奈美さんが作る卵焼きは、“ざばっ!”と男っぽく焼くのがポイントです。

「かもめ食堂」のシナモンロールやしょうが焼きも 飯島奈美さんレシピ - はてなブックマークニュース 「かもめ食堂」のシナモンロールやしょうが焼きも 飯島奈美さんレシピ - はてなブックマークニュース

上記の記事で紹介している「ほぼ日刊イトイ新聞」の特集「かもめとめがねのおいしいごはん」では、映画「めがね」に登場する卵焼きレシピを見ることができます。だし、しょうゆ、塩で味付けした卵をフライパンに流して混ぜ、ほどよく固まったらもう出来上がり。形はあまり整えず、ざばっ!と焼きましょう。ほどよくついた焦げ目が食欲をそそりますね。


下記のエントリーでは、ホワイトソースやマヨネーズ、明太子などを使ったアレンジ卵焼きのレシピがたくさん紹介されています。その日の気分に合わせて作ってみませんか?

【2ch】ニュー速クオリティ:【レシピ】おいしい卵焼きの作り方 【2ch】ニュー速クオリティ:【レシピ】おいしい卵焼きの作り方


Title Photo by OTSUKA Makoto

「卵焼き」に関連する商品 by BECOME