• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

東京事変の解散にロキノン編集者が言及 「全く予想していないことではなかった」



東京事変、解散…… | ロッキング・オンの音楽情報サイト RO69

『ROCKIN'ON JAPAN』の公式ブログが、東京事変の解散に言及しています。「東京事変、解散……」というタイトルで公開された1月11日付のエントリーでは、5枚目のアルバム「大発見」やそれに伴うライブツアーの完成度の高さなどに触れ、東京事変の解散を予想していたとのことです。ただし「予想していたからと言って簡単に受け入れられることではない」とも書いており、解散発表に戸惑いを隠せないようです。

東京事変は2004年5月に結成されました。1度のメンバー交代を経て、2006年からは椎名林檎さん(ボーカル)、刄田綴色さん(ドラム)、亀田誠治さん(ベース)、浮雲さん(ギター)、伊澤一葉さん(キーボード)の5人で活動しています。東京事変が所属するレコード会社「EMIミュージック・ジャパン」と、椎名さんの所属事務所「黒猫堂」のオフィシャルサイトには、解散に関するメンバーのコメントが掲載されています。椎名さんのコメントは以下の通りです。

この周波数(バンド)をお楽しみくださったすべての方へ御礼申し上げます。短い間ではございましたが、いままで本当に有難うございました。事変は来(きた)る閏日(うるうび)解散致しますが、我らが作品群は永久に不滅です。

我々が死んだら電源を入れて
君の再生装置で蘇らせてくれ
さらばだ!

SR 猫柳本線
重要なお知らせ

「黒猫堂」のサイトに掲載されているオフィシャルインタビューによると、椎名さんが解散を決意したのは2010年の11月で、メンバー全員で解散を確認したのは2011年の1月だったそうです。東京事変は1月18日(水)に、メンバーそれぞれが作詞作曲を担当した5曲入りのアルバム「color bars」を発売します。2月14日(火)からは、最後のライブツアー「Live Tour 2012 Domestique Bon Voyage」を、横浜、大阪、東京で開催します。チケットに関する情報は以下のサイトでどうぞ。

http://t.pia.jp/feature/music/tokyojihen/index.html

color bars

color bars

文: タニグチナオミ

関連エントリー