• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

岡崎京子「ヘルタースケルター」が実写映画化 監督は蜷川実花、主演は沢尻エリカ



映画『ヘルタースケルター』公式サイト

ものたんない! いつか私は叫び出す――
美・名声・金・愛の欲にまみれた芸能界で光り輝くトップスターへ上りつめた、りりこ。
しかし、彼女には誰にも言えない【究極の秘密】があった…

全身整形によって手に入れた美貌でトップモデルに君臨する主人公、りりこを沢尻エリカさんが演じます。1月11日現在で発表されている他のキャストは、りりこのマネージャー役が寺島しのぶさん、恋人役が窪塚洋介さん、後輩モデル役が水原希子さん、事務所の社長役が桃井かおりさんなどです。

監督の蜷川実花さんは、自身のTwitterで「はあ、やっと言える!もうすぐクランクイン!!ヘルタースケルター、主演沢尻エリカ、監督やります(`_´)ゞ」とコメントしています。このツイートに対して、「"蜷川実花×沢尻エリカ"今から映画、楽しみにしております!」「キャスティング最高!!」「普段は邦画観ないけど、これは観てみたいな」などのリプライが寄せられています。
蜷川実花 on Twitter: "はあ、やっと言える!もうすぐクランクイン!!ヘルタースケルター、主演沢尻エリカ、監督やります(`_´)ゞ"

マンガ「ヘルタースケルター」は、祥伝社「FEEL YOUNG」で1995年7月号から1996年4月号まで連載され、2003年4月に単行本になりました。岡崎さんは1996年に交通事故に遭って以来執筆活動を行っておらず、現在もリハビリ中です。映画化に際し、岡崎さんは弟の忠さんを介してコメントを発表しています。

弟・忠さんが伝えた岡崎京子さんのコメント
■ 映画化をOKした理由
「新しい作品が描けない今、自分の作品に新たな命が吹き込まれる事に興味がある。」と。
■ キャスト、りりこへの感想、期待
作者は、作品を通じて役者がどのようにりりこを演じるのか、大変興味を示しております。
「原作に忠実に行うのも、演者の体内を通してどのように変貌するのかも、受け入れる準備は出来ている。」との事です。
又、「新たな解釈での新たなりりこを見てもみたい。」と。
■ 監督へのエール
「とにかく今、自分が新たな作品を世の中に輩出できないので、自分の作品を通じて、『ヘルタースケルター』がどの様に実写化されるのか、また、俳優、女優の方々のキャスティングや、監督の手腕で作品がどう昇華されてゆくのかなど、大変興味深く見守りたい。」との事です。

ヘルタースケルター (Feelコミックス)

ヘルタースケルター (Feelコミックス)

文: 山崎メイ

関連エントリー