• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

テンキーを採用したINFOBARシリーズのスマートフォン「INFOBAR C01」、2月上旬以降に発売



http://www.au.kddi.com/infobar/c01/
「INFOBAR」がBARタイプでスマートフォンに進化 | 2012年 | KDDI株式会社
「INFOBAR」がBARタイプでスマートフォンに進化 〈別紙〉 | 2012年 | KDDI株式会社

INFOBARシリーズの最新機種「INFOBAR C01」は、デザイナーの深澤直人さんがプロダクトデザインを、Webデザイナーの中村勇吾さんがユーザーインターフェース(UI)デザインを担当しています。片手で操作がしやすいストレート型のボディと、携帯電話の感覚で文字が入力できるテンキーを採用しています。2011年に発売したスマートフォン「INFOBAR A01」の独自UI「iida UI」を最適化して搭載します。INFOBAR A01と同様、ホーム画面をカスタマイズできます。

ワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信、Eメール(~@ezweb.ne.jp)といった定番の機能を利用できます。緊急地震速報や災害・避難情報を受信する「緊急速報メール」では、津波警報にも対応したとのことです。

カラーは、「NISHIKIGOI」「ICHIMATSU」「KIIRO」の3色が用意されています。ディスプレイは約3.2インチのTFT液晶で、カメラは約804万画素。サイズは約52mm×130mm×12.3mm(横×高さ×奥行き)、重量は約106gです。

INFOBAR C01は、東京・原宿の「KDDIデザイニングスタジオ」と愛知・名古屋の「au NAGOYA」で1月17日(火)から展示されます。
http://www.kds.kddi.com/
au NAGOYA

文: あおきめぐみ

関連エントリー