読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

「ゆるキャラグランプリ」で最下位 日本一人気がない長野県南箕輪村の「まっくん」



http://www.vill.minamiminowa.nagano.jp/kanko/matsu/index.html
ゆるキャラグランプリ オフィシャルウェブサイト

南箕輪村役場が運営する観光情報サイトに、「まっくん」の特集ページが開設されています。「まっくん」は、南箕輪村にある大芝高原のイメージキャラクターとして1994年に誕生し、2005年には南箕輪村のキャラクターに昇格しました。「ゆるキャラグランプリ2011」では、わずか68ポイントしか獲得できず、最下位の348位となりました。

特設サイトに掲載されているプロフィールによると、アカマツの妖精「まっくん」は、松ぼっくりをモチーフにした年齢不詳の男の子です。苦手なものは「マツケムシ」、気になるものは「トウモロコシ」とのこと。まっくんのほかに、非公式キャラクターとして魔法看護少女「赤松リン」と、世界征服を狙う謎の一族「ザイセン一族」が紹介されています。彼らは、ご当地キャラクターとは思えない赤裸々なやりとりをまとめた「まっくんサクセス・ストーリー」に登場しています。

ユニークなサイトの内容に、はてなブックマークのコメント欄には、「泣ける」「馬鹿すぎる(笑)」「全然サクセスしてないw」などの感想が寄せられています。

ちなみに、2月17日現在公開されている特設サイトはあくまで“つなぎサイト”で、新たに「まっくん真・公式サイト」が公開された時点で閉鎖する予定とのことです。

文: タニグチナオミ

関連エントリー