• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

“サラサラの髪の毛”も夢じゃない? 正しいシャンプー手順や自宅トリートメントでヘアケア


■ まずは基本の“シャンプー”を極めよう


特集 - まずは髪そのものを美しく 正しいシャンプー 保存版 - らしさ -

“正しいシャンプー”は、一番簡単にできる手入れです。上記のエントリーでは、美容院直伝のシャンプーの方法が紹介されています。

  • 1. 目が粗いヘアブラシでブラッシングをして、髪のもつれやホコリを取る
  • 2. シャワーヘッドを地肌に付けてしっかり濡らし、指の腹で髪を揉みほぐす。お湯の温度は38~40度程度
  • 3. 手で毛先の水気を切る
  • 4. シャンプーを適量とり、手のひらで泡立てる。シャンプーの量の目安は、ミディアムヘアで1プッシュほど
  • 5. 泡立てたシャンプーを地肌から付けていく。ボリュームがある後頭部は、髪をめくり上から下へ付ける
  • 6. 頭皮をよく洗う。指で円を描いたりジグザグに動かしたりしてマッサージする
  • 7. 洗い終わったら、頭皮にシャワーヘッドを当てて地肌からすすぐ。ぬるつきがなくなるまでしっかり流す

シャンプーで重要なのは、“頭皮の汚れ”をしっかり落とすこと。地肌を洗えば、髪の毛も一緒に洗えるそうです。

シャンプーを行う時間帯は朝より夜がよいそうです。太い血管が通っていない頭皮は睡眠で温度が下がり、昼間の汗や皮脂が固まって落ちにくくなります。髪への刺激が少ないシャンプーを使用している人は、二度洗いで髪の汚れをしっかり落とし切りましょう。

■ 自宅で“サロン仕上げ”のトリートメント


自宅で簡単にできる! サロン仕上がりのヘアートリートメント方法 | ライフハッカー[日本版]

こちらのエントリーでは、美容院のようなトリートメントを自宅で行う方法が掲載されています。必要なものは以下の通りです。

  • 洗面器
  • トリートメント
  • ローズマリーのアロマオイル
  • ラップ
  • シャワーキャップ
  • ホットタオル

オイルを数滴混ぜたトリートメントを髪になじませ、ラップとホットタオル、シャワーキャップでくるみます。10分以上置いた後、ぬるま湯で軽くすすぎ、水気を絞って乾かします。仕上げに手のひらで伸ばしたオイルをもみ込み、髪の毛をコーティングするのがポイントです。1週間に一度のペースで行うとよいそうです。

■ くせ毛の広がりも抑えられる? 正しい髪の乾かし方


美容師が教える「正しい髪の乾かし方」 - はてなニュース

はてなブックマークニュースでは以前、美容師が教える“髪の乾かし方”についてまとめています。ドライヤーの使い方によって、髪の傷み具合が左右されます。乾かし方を工夫すると、スタイリングしやすい髪の毛に仕上げることができます。

[asin:B000PZ8P3Y:detail]

Title Photo by mollypop

文: タニグチナオミ

関連エントリー