• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

NHK「クローズアップ現代」“聖地巡礼”特集3/7放送 有志によるロケ地リストも



http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=3171
http://www.nhk.or.jp/gendai-blog/100/111897.html

特集では、全国に広がる“聖地巡礼”ブームの背景や、コンテンツ立国を目指す日本の現状と課題に迫ります。ファンが“聖地”と呼んでいるのは、アニメやマンガなどの舞台になった実在の町や土地です。“聖地”は全国各地に400ヶ所以上あり、中には10億円の経済効果を生み出す町もあるそうです。特集の試写を見た番組スタッフは、番組のブログで「地方都市に、若者が大挙して訪れる様子、背景にあるアニメ業界が抱える現実と、それを逆手にとった戦略など、VTRの情報には、『へえ~』とさせられることがいっぱいでした」と感想をつづっています。

番組の放送時間は、午後7時30分~午後7時56分です。出演者は、国際大学グローバル・コミュニケーション・センターで客員研究員を務める境真良さん(@sakaima)です。

番組に依頼されて作成したというアニメやマンガのロケ地リストを、数々のアニメの舞台を訪れているかずぴーさん(@kazupi)とリンク集「舞台探訪アーカイブ」の“館長”を務めるおおいしげんさん(@genoishi)がGoogle ドキュメントで公開しています。かずぴーさんによれば、アニメやマンガのロケ地になっている市町村数は379ヶ所で、そのうち273ヶ所はアニメに登場しているそうです。この数字の一部には重複も含まれるとのことです。

20120307NHK「クローズアップ現代」日本に“聖地”はいくつある? - Google Docs
アニメやマンガのロケ地になった市町村は今や350以上であることが判明 : さざなみ壊変

文: あおきめぐみ

関連エントリー