• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

たまごボーロや甘食でほっと一息 “昔なつかしのお菓子レシピ”5つ


■ シュワシュワ溶ける「たまごボーロ」

口に入れたとたんに溶けてなくなる食感が楽しいたまごボーロ。小さい子どものおやつにもオススメです。


*8ヶ月の息子に捧ぐ*卵ボーロ by マーサ [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが258万品

材料は、片栗粉、砂糖、卵黄、スキムミルクです。砂糖と卵黄を混ぜ合わせたものに片栗粉とスキムミルクを加えてよくこね、1センチほどの球形に丸めます。170~180度に温めておいたオーブンで、ほんのり焼き色がつくまで8分ほど焼けば出来上がりです。

■ 牛乳と相性バツグン「甘食」

朝ごはんやおやつに、甘食はいかがですか?


甘食 by minton [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが258万品

真ん中が盛り上がった独特の形に仕上げるには、丸い口金で生地をしぼり出したあと、水でぬらした竹串で頂点の部分に十字の切り込みを入れるのがポイントです。牛乳と一緒にどうぞ。

■ いろんな「カステラ」を作ろう

普通の四角いカステラはもちろん、絵本「ぐりとぐら」の巨大カステラや、屋台で人気のベビーカステラも手作りできます。


ふんわり、しっとりの「カステラ」を作ろう ぐりとぐらのレシピも - はてなニュース

「ぐりとぐら」に登場する巨大カステラは、絵本と同様にフライパンで作れます。弱火で焦がさないように焼くのがポイントです。

家庭用のたこ焼き器は、一口サイズのベビーカステラや鈴カステラを作るのにぴったり。グラニュー糖をまぶした鈴カステラに串を刺して、駄菓子風にするのもいいですね。

■ ホクホクの「大学いも」

たっぷりかかった蜜とホクホクの食感がおいしい大学いもは、“揚げない”レシピで作ってみましょう。


スイートポテトに大学芋、ホクホク美味しい「さつまいものお菓子」レシピ - はてなニュース

はてなブックマークニュースのこちらの記事では、フライパンで手軽にできる「揚げない大学いも」の作り方を紹介しています。フライパンでさつまいもを炒め、砂糖やしょうゆを加えて絡めればOK。トッピングは定番の黒ゴマ以外に、ナッツやシナモンなどもよく合います。

■ 試してみたい“フルーチェっぽい何か”

ハウス食品が販売する「フルーチェ」は、牛乳と混ぜるだけで食べられる、なつかしのデザートです。下記のエントリーでは、“フルーチェっぽい何か”の手作りに挑戦しています。


@nifty:デイリーポータルZ:フルーチェっぽい美味しい何か

泡立つ直前の生クリームとヨーグルトを混ぜ、ガーゼなどを張った器に流し込みます。ラップをして冷蔵庫に一晩入れておくと完成です。ジャムを添えると、よりフルーチェっぽくなります。

文: 飯塚朋子

関連エントリー